竜刊野球マニア?毎週月曜更新?

中日ドラゴンズを週間で単位で復習。 1週間がわかりやすい! たまにコラム更新します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週のドラゴンズ
明日からテスト週間ですが、今日から気持ちはテスト週間。
明日から来週の金曜日まではテスト関連の週が続きますので、記事は薄く短くなると思います。


【今週の日程】

3日(火)VS広島(ナゴヤドーム)
4日(水)VS広島(ナゴヤドーム)
5日(木)VS広島(ナゴヤドーム)
6日(金)VS広島(ナゴヤドーム)

7日(土)VS横浜(横浜)
8日(日)VS横浜(横浜)※14時試合開始

9日(月)VSヤクルト(神宮)※18時20分試合開始
10日(火)VS巨人(東京ドーム)

脅威ともいえる10月の8連戦。
ただでさえ、先発に苦労しているのに8連戦はかなりキツイ。
ただ、最短で6日のVなど、優勝へ突き進むには必要な連戦。
この連戦をうまく利用して、優勝したい。

【予想先発】

先発の駒は、

中田・朝倉・佐藤充・川上・山本昌・マルティネス・小笠原・吉見の8人。

中田から山本昌までは当確だが、マルティネス、小笠原、吉見あたりはわからない。
とりあえず、類に見ない8連戦なので、予想がしにくい。

もっとも予想に困るのは、後半だが。

【今週のポイント】

何かと因縁のある、広島と4試合戦い、その後横浜、神宮、東京に乗り込む。

広島戦でマジックを4あたりにしたい。
そして、東京ドーム、または神宮あたりでの胴上げが見たい。
ナゴヤドームでの胴上げは厳しい。

14日にナゴヤドームで試合があるが、それまでにずれ込むのはあまり良くない。

8連戦と投手陣が苦しくなるので、そこを打線でカバーする野球でいかなくてはならない。
8連戦後半が野外での試合なので、投手陣は一発に注意したい。

タイトル争いも注目である。

とりあえず、来週のこのコーナーで優勝は何日?の話はしたくないです。




スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/10/02(月) 20:04:29|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今週のドラゴンズ?セ制覇へあと1歩?
残り試合が30を切ったチーム、20を切ったチームが示すとおり、長いペナントレースもいよいよ大詰めを迎えた。

首位中日、2位阪神は優勝に向かって、3位以下のチームはAクラス、タイトル奪取が中心の戦いになってくる。

9月中旬、一山越えた(と思われる)中日の今週の日程は?

【今週の日程】

12日(火)VS巨人(秋田)※1
13日(水)VS巨人(仙台)

15日(金)VS阪神※2
16日(土)VS阪神※3
17日(日)VS阪神

※1 巨人戦は中日のビジター
※2 阪神3連戦はいずれもナゴヤドームにて。15日は18時試合開始。
※3 16、17日は15時、14時試合開始。

【予想先発】

<パターンA>

12日 中田?パウエル
13日 川上?グローバー(内海or西村)


15日 朝倉?井川
16日 山本昌?下柳
17日 吉見(?)or中里(?)orマルティネス(?)?福原

<パターンB>

12日 中田?パウエル
13日 朝倉?グローバー(内海or西村)※朝倉は野外の方が成績がいい。


15日 川上?井川(エース対決??)
16日 山本昌?下柳
17日 吉見(?)or中里(?)orマルティネス(?)?福原

【ポイント?ローテ再編?】

マルティネスの登録抹消、本日佐藤充も抹消され、6連戦の少ない9月といえ、ローテ再編が余儀なくされてきた。

今週は前述の予想先発が示すように、ややこしい週になる。

まず、阪神との天王山に備え、川上を初戦に持ってくることで、朝倉が中5日になったり、天王山第3戦の投手が誰になるか本当にわからない。

好捕は吉見中里やその日昇格可能なマルティネスだが、大事な大事な天王山に先発テストはできないし、小笠原あたりが面白いとか個人的に思っているが、わからない。

吉見が10日に1軍初登板し、好投したことからひょっとしたらがあるかもしれないし、2軍で先発練習中の中里を思い切って使うかもしれない。

ただ、1勝1敗だったらわからない。
川上、山本昌で2勝出来たなら、吉見、中里は大いにありうる。

この天王山負け越しは危ない。
危なくないけど、不安になる。

ここは楽しみにしておきたい。

【タイトル予想】※右側は対抗馬()内は最終予想成績

打率:福留(.350)?李スンヨプ(.320)

本塁打:ウッズ(43本)?李スンヨプ、リグス(42本)

打点:ウッズ(120点)?ラミレス、村田(115点)

出塁率:福留(.430)?金本(.400)

防御率:黒田(1.86)?福原(2.10)

最多勝利:川上(17勝)?福原、黒田(13勝)

最多奪三振:川上(185)?井川(180)

セーブ:岩瀬(40)?クルーン(30)

【今週のポイント】

まず、5戦を3勝2敗で行くことが最低ノルマ。

調子のいい巨人相手に、復活した中田がどんな投球をするか。
ここからは日本シリーズにもつながる大事な試合。

前回の雪辱をしたいであろう投手が川上、山本昌、朝倉の3人。

この3人が試合を作れば、最近調子のいい打線がなんとかするはず
今週は崩壊した投手陣、建て直しの週にしたい。



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/11(月) 19:25:18|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

今週のドラゴンズ&9/3戦評
まったく関係ありませんが、最近はまっていることは“ネット碁”。
また、最近ほしいものは碁盤とPSPとiPod。
まったくジャンルが違いますね。
消える魔球機能付きの野球盤もほしいっス。

今日はモノクロでいきます。

【9/3 戦評】

昨日はテレビ観戦していましたが、まぁ巨人の星『姜建銘』におもしろいようにやられましたね。

書くことは2つ。(時間もないし)

?姜建銘 一見高評

姜建銘という投手の第一印象は腕のリーチが長い投手、そして腕のしなりが綺麗で美しい投手、そして皮肉なことに相手投手の中日:佐藤充の6月の投げっぷりにソックリだった点にある。

巨人が自力で拾ってきた中で久々に期待の持てる“助っ人”になれれるか注目である。

中日の初物弱い病も災いし、5安打完封負けと首位らしくない負け方。
日本シリーズで知らない投手出てきたらどうするんでしょう。
姜建銘に関することはそれだけ。
本当にいい投手なら来年は10勝でしょう。

?佐藤充に課せられた高く、そして厚い壁。

8月13日に勝ってから白星に飢えている。
しかも後半戦に入ってから内容のいい試合があまりない。
6月を思い出せば、もうプロの世界に本格的に入ったと言う感じで怖いもの知らずに投げていた。
しかし、今は考え、勝ちたい、いい投球がしたいと投げている・・・気がしてならない。

中日の高橋聡もそう。
去年、一昨年は打者に真っ向勝負。
しかし、今年は大不調。1軍戦力には程遠かった。

今の佐藤充なら1勝で吹っ切れるはず。
ただ、これ以上内容が悪いと日本シリーズ前にローテ再編ということになりかねない。

次回は6月を思い出して、完封を喫した姜のように投げてほしい。

【今週の日程】

5日(火)VS東京ヤクルト(ナゴヤドーム)
6日(水)VS東京ヤクルト(ナゴヤドーム)
7日(木)VS東京ヤクルト(ナゴヤドーム)

8日(金)VS広島(広島)
9日(土)VS広島(広島)
10日(日)VS広島(広島)

※8日まで18時試合開始。9日、10日は15時試合開始。

【予想先発】

5日 中田?石井一
6日 朝倉?ゴンザレス
7日 川上?石川

8日 マルティネス????
9日 山本昌?フェリシアーノ
10日 佐藤充?ロマノ

【気になる数字】

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと2勝
佐藤充?あと1勝
マルティネス?あと4勝
朝倉?15勝まであと5勝
川上?20勝まであと6勝

残り試合が33試合。ソレを6で割ると、一人5試合あと登板があると考えれる。

また、各投手の規定投球回、までの回数を調べたところ?

中田?あと76回
朝倉?あと32回
山本昌?あと14回と1/3回
マルティネス?あと46回
佐藤充?あと29回

※川上はすでに到達済み

森野の規定打席到達まであと125打席。
1試合4回打席に立つと余裕を持って達成できる。
プロ入り初の規定打席到達へ向け、森の驀進なるか?

【ポイント】

先週の悪い流れをなんとしても変えたい。
特にヤクルト、広島と取りこぼしは許されない。
中田、川上、佐藤充の復調の週にしたい。

打線は悪循環が続く。
やや調子の落ち気味の福留の陰に隠れて、ウッズが大不振とみた。
大不振ではなかろうが好投手に押さえ込まれて自分の今季の打撃を見失っている。

今週はV戦士ほ復活の週にしたい。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/04(月) 21:28:42|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今週のドラゴンズ&数字で見る特集
今週は大いにマジックを減らすチャンス
ドラゴンズが全勝すると9減ります。

では、今週の日程を。

【今週の日程】

29日(火)VS阪神(甲子園
30日(水)VS阪神(甲子園)
31日(木)VS阪神(甲子園)

2日(土)VS巨人(ナゴヤドーム)
3日(日)VS巨人(ナゴヤドーム)

※いずれも18時試合開始

【予想先発】

29日 中田?井川
30日 朝倉?下柳
31日 川上?安藤(福原)

2日 山本昌?上原
3日 佐藤充?内海

【気になる数字】

先週は先発投手に勝ち星が付かなかった

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと3勝
佐藤充?あと1
マルティネス?あと4勝
朝倉?15勝まであと5勝
川上?20勝まであと6

残り試合が38試合。ソレを6で割ると、一人6試合あと登板があると考えれる。
一人あたり6試合と考えると、中田は今後かなりの調子で望まなければならないし、川上も残り試合全勝じゃなければ、20勝に届かないことになる。

また、各投手の規定投球回、までの回数を調べたところ?

中田?あと80回
朝倉?あと38回
山本昌?あと20回と1/3回
マルティネス?あと46回
佐藤充?あと33回と1/3回

※川上はすでに到達済み

残り試合が38。一人あたりの登板数が6と考えると

各投手、規定投球回に到達するのはこれからの登板で1試合にどれだけの回数を投げなければいけないか?

中田?13回(規定投球回到達は絶望的)
朝倉?6回と1/3あたりのペースで可
山本昌?3回と1/3あたりのペースで可
マルティネス?8回前後で可(マルティネスの場合だと達成しにくい)
佐藤充?あと5回と2/3あたりのペースで可

と出た。
山本昌以外は早い回でKOされる、自分の首を締めることになる。
こんなデータも参考にしてもらえれば。

【今週のポイント&見どころ】

一気に阪神を叩いて、マジックを10代にしたい。
マジックは10代にきてからは早く感じるもの。

虎キラー中田で先陣を切り、朝倉が自己最多タイの11勝目を挙げ、川上で締める。
ただ、朝倉は阪神戦に弱い。
投手陣は夏場をなんとか、乗り切った。
ここからは猛暑ではなくなるので、今までのような最小失点で潜り抜ける投球に期待。

打線がやや湿りがち。
福留、ウッズがやや不調。

荒木はヒットを打ったがまだ本調子でない。
森野にも疲れが見える。

井端には乗り切れていない感がある。

英智もヒットが減ってきた。井上はしぶといけれども。

・・・と、なんだか書けば書くほど打線が打てないような感じだ。

しかし、それども不思議と得点能力は高い
手堅い野球だからだ。

あとは、ペナント制覇に向ける本番で福留、ウッズが打ちまくれば死角はない。
特に福留調子が悪いながらも今年はヒットを打てる
ので、福留になんとしても回したい。

中日がぶっちぎっているため、他球団もいい加減目標を変えてくる。
タイトル、それとAクラス争いなど。

タイトルに関しては中日ナインが総ナメする可能性がある。

()内は対抗馬

首位打者:福留(李スンヨプ)
本塁打王:ウッズ(李スンヨプ)
打点王:ウッズ(村田)

最優秀防御率:佐藤or川上(黒田)
最多勝:川上(黒田)
最多奪三振:川上(井川)
最優秀救援投手:岩瀬

と。これらは絶対他球団が阻止してくる
だから、中日へのマークより、自分たちの個人の選手に力を入れるはず
だから、優勝は近くなるかも。

終盤、川上と黒田のデットヒートは見もの。

横浜の牛島監督が退団するそうです。
外者ということもあり、あまりフロントが補強に手を貸してくれなかったって感じが強いですが、最下位ながら厄介なチームを作ったと思う。

フロントが続投を要請し続けていたから、続投すると思ってた。

吉村、村田を台頭させ、那須野などの投手も成長させた。

若手の積極起用が、いい風に出ていたと感じた。

また、解説が聞けるのかなぁ。。。

参考記事


次回予告!“各選手の開幕前の目標は達成されたか”をお送りします。



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/29(火) 11:51:07|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今週のドラゴンズ
今週はナゴヤドームで夏休み最後の6連戦。
来週には阪神戦も控えているので、それも意識して6連戦、確実に勝っていきたい。

【今週の日程】

22日(火)VS東京ヤクルト
23日(水)VS東京ヤクルト
24日(木)VS東京ヤクルト

25日(金)VS横浜
26日(土)VS横浜
27日(日)VS横浜

※いずれもナゴヤドームで18時試合開始


【予想先発】

22日 中田? ガトームソン
23日 マルティネス?石井一
24日 朝倉?石川

25日 川上? 那須野
26日 山本昌?門倉
27日 佐藤充?牛田

【気になる数字】

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと3勝
佐藤充?あと1
マルティネス?あと4勝
朝倉?15勝まであと5勝
川上?20勝まであと6勝

残り試合が44試合。ソレを6で割ると、一人7試合あと登板があると考えれる。
一人あたり7試合と考えると、二ケタ可能な選手、不可能な選手が見えてきた。
中田は厳しそう。
山本昌は十分に可能
佐藤充も可能。
マルティネスが際どい。
最後までローテを守れるかすら不安。

【今週のポイント&見どころ】

久々の6連戦となり、ローテ投手全員の登板が予想される。
マルティネスが中継ぎに回ることが多かったが、先発復帰で勝ちたいところ。
マルティネスは投球回数が94と、後退している。
個人的には、規定投球回を突破し、来季に向けて大きな自信をつけてほしい

今週は、ヤクルト、横浜とプレッシャーはかかりにくい試合になりそう。
ナゴヤドームということで、投手陣の飛躍が期待される。
4勝2敗、5勝1敗と一気にいって、マジックを減らしたい。
打撃陣は調子としては悪そう。
井端が落ち着かない。
優勝にはベテランの力が必須である。

そろそろスタメンで名前が聞きたい、立浪和義の名を。 [今週のドラゴンズ]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/21(月) 14:04:40|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4




| ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。