竜刊野球マニア?毎週月曜更新?

中日ドラゴンズを週間で単位で復習。 1週間がわかりやすい! たまにコラム更新します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年李炳圭の可能性
昨日はナゴヤドームに行きました。
昨年8月の早慶戦以来の野球観戦。
中日戦となると約1年ぶり。

野球観戦の現地観戦の勘が鈍って鈍って大変でした(笑)

見るとこばっちり見てきましたよ。

【試合】

中日×巨人(ナゴヤドーム)
平日なのにまさかの内野満員

【先発オーダー】

1番 二 荒木 →西川
2番 遊 井端
3番 右 李炳圭→井上
4番 指 ウッズ →立浪
5番 左 和田 →デラロサ
6番 三 中村紀→藤井
7番 中 平田 →上田
8番 捕 谷繁→清水将
9番 一 柳田

先発投手:吉見(5回)
→菊地(3回)→ネルソン(0回)→鈴木(1回)

【試合結果】

     1 2 3 4 5 6 7 8
巨 人 0 0 0 0 0 0 0 0 2
中 日 0 0 1 0 0 3 0 0 X

【寸評:巨人】

スコアを見てもわかるとおり、実に点の入らない試合でした(笑)
試合終わるのも早かったです。
巨人が拙攻に苦しんでいました。
ヒット11本打ちながら、9回のネルソンの乱調に付け込むまで0行進。
小笠原、二岡を欠くといえども、オープン戦調子悪いですね、巨人。
座席の都合上1塁方向からの高橋尚のフォームがよかったです。
プロはああやって投げるんだ、と思いました。

【寸評:中日】

投手陣は吉見がまぁ好投。
ヒットたくさん打たれたけれど、抑えたことに意味がある気がします、吉見の場合。
三振取るタイプじゃないような気もするんで、凡打の山を稼いでいたことは本人にもプラスになったのでは。
吉見を継いで3回を無失点に抑えた2年目菊地もヒットを打たれたけど、抑えました。
ぶっちゃけ菊地はあんま見てないです(笑)

ひどかったのがネルソン。
もう9回中里を期待して、ネルソンが出てきてただでさえ萎えたのに、5倍萎える投球でした。
投球練習でいきなりキャッチャーの後ろ越えるもんだから(笑)
ネルソンの足を引っ張ったのが皮肉なことに守備力を評価されて入団した同じドミニカ仲間のデラロサでした。

デラロサをオープン戦始まって見る機会増えたけど、だいたいどんな選手かわかってきた…。
確かに守備はうまいんだけど、実戦的な守備に弱い。
単なるクロスプレーの送球落としたり、ゲッツーミスったり。
単純な捕る、投げるはうまいと思う。
けどあと1歩なんかな。でもこれはこれからなんとでもなると思う。
なんとでもならなさそうなのはネルソンです(笑)

今日一番取り上げたいのはほかでもない李炳圭です。
前記事で取りあげた李炳圭ですが、やっぱり今年はやりそうですよ。

昨年見ることのなかった李炳圭のレーザービームをオープン戦で見れて、確信に変わった気がします。
守備で機敏な動きが見れたことに加え、打撃でも左中間へタイムリー。
そこで次の塁を陥れようとして、アウトになったんですが、次の塁を狙う中日らしい野球ができていて、これも李炳圭2年目の進化だと思いました。

昨年はたとえば、守備で走者を刺そうとしない、ボールを取りに行くまでが遅すぎる、走塁でも次の塁を狙おうとしない、などこの細かい部分が中日全体に及ぼす影響が大きかったんですが、今年李炳圭がそうなると、昨年以上のパワーを中日に及ぼすと思われます。
李炳圭期待大です。

あと、藤井が2点タイムリー3塁打を打つなど無安打の平田とのレギュラー争いにアピール。
打撃を見てください、との言葉通り今年は打撃もアップかな??

とまぁ久々の野球観戦楽しかったです。
前置きは長かったけど、言いたいことは李炳圭が今年はいいぞ、ってことです。

おみやげは日本一の記念色紙とマー君の下敷き買いました。
12球団そろえますよ、グッズ(笑)

ではでは。


スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/03/06(木) 14:21:17|
  2. 観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4/1 中田、父に捧げる1勝!?竜3年振りの開幕3連勝?
4月1日より羽少佐改め「マラミン」とHNを改名しましたので、よろしくお願いします。

昨日は今年最初で最後になるかもしれない、公式戦を観に友達3人で行きました!
記事の後半にはこのブログを長くご愛読の方が楽しめるものがあるかもしれないのであんま期待しないで読んで下さい(;´▽`)

さすがに中学生料金で行くのははもう限界です。
係員のお兄さんにちょっと見られました。
服何枚か脱いで中学生っぽい服装に無理やり変えたんだけどなぁ・・・。

で、先発は長峰じゃなくて僕の中田でした。
中田のユニフォームを堂々と着てメチャ叫んできました。
(その先発投手じゃない人のユニフォーム着るの微妙じゃない?)

初回にめでたく3点入りました。
いきなり井端の1000本安打が出て、ラッキーでした。
おめでと?と言っておきました。

こういう選手の記録を観ることがけっこうあります。
といっても3回目くらいかな??

ウッズが重症っていう印象。
ウッズに関してはそれだけw

中田は三振が多かった印象デス。
球が低めに集ってるのもなんとなくわかった(5階席からだけど)。

とりあえず受験のため一旦最後になるかもしれない観戦で井端が達成して、福留と森野のホームラン見て、ノリのフルスイング見て、李のヒットみて、立浪のライトライナー見て、ウッズの三振見て、谷繁のシーズン初ヒット見て、中田が投げてホント文句ナシでした。

すんごいよかったです。

あと、中田ががお立ち台で泣かされました。
記者の「きっとお父さんも5回のピンチの場面で見守っててくれたと思いますよ!」の問いに目頭抑えきれなくなってました。

n-bb-070402-02-ns.jpg


これは泣けますよ、ホント。
さすがにウルっときたもん。
中田のことだしね?

で、ただ観戦して「楽しかったです」じゃ見てる側はつまんないので、観戦でしかわからないドラゴンズの強さみたいなのをちょっと紹介します。

野球中継は基本ピッチャー対バッターの画面なんで、野手の動きとかはわかりません。その見えないところに中日の強さがあるなと感じました。

野手の守りでヤクルトと中日には決定的に違う点があって、もう当たり前のことなんですが、打球判断と守備位置。

ヤクルトの外野はレフト・ラミレス、ライト・ガイエルと両外国人が守ってますが、彼らの守備シフトは前後にしかありませんでした。
井端がよく流すからライト寄りだ、とかそういうのもあまり関係なしに、ウッズは大砲後ろ寄り、荒木だったら前進とかそういう単純な守備形体。

内野はまぁまぁ動いてる感がありましたが、宮出が穴だと思いました。

一方の中日は1球ごとに守備形体が変わります。
どういうふうな理由で動いてるのかわからないけど、じっとしてないんです。

すんごい両者対極的で大げさに見えますが、ホントそんな感じでした。
守りは重要ですね。

あとやっぱ李は守備いいです。
打球判断の速さは半端ないと思いました。
打球が見えたら動くじゃなくて打った瞬間にスタート切って、投手・藤井のセンターフライを捕ってました。
これもプロなら当たり前なのかな?
でも、プロはやっぱすげぇ、って思いました、純粋に。

あと中日の無駄のない走塁も強さの1つだと思いました。
一塁に走者がいて、打者がゴロを打ってゲッツー?って思ってもフルカウントとかじゃなくてなぜか一塁走者は走ってるんです。
ウッズは昨日それでゲッツーま逃れてた。

本塁打だけが強さじゃないっていう大人な強さを見ました。

さて、お待たせしました。
グダグダ長い文章はやめて、速攻でお伝えします!

20070402183548.jpg


初の生&直筆サインもらいましたー!!

書いてくれたのは前日先発したヤクルトのグライシンガー投手。
ネットを挟んでサインしてくれました。
写真がその書いてる現場。
書いた色紙は?というと今度晒します。
書いてる姿のほうがいいかな、と思ってこっちの写真にしました。

マジ嬉しいです!
このブログを長いことご愛読の方は「直筆サインがほしい」の文字をくどくど見てきたことと思います。

いや?ホントうれしかったです。
胸ドキドキしっぱなでした。
一応「ナイスチェンジアップ」と言っておきました。

グライシンガーには抑えられても文句言わないw
サインくれる人はいい人☆
単純です。

本当はノリのサインほしくて三塁側で待ち伏せしてたんですけど、思いのほかグライシンガーでした。

グライシンガーを応援しましょう!

では♪ [4/1 中田、父に捧げる1勝!?竜3年振りの開幕3連勝?]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/04/02(月) 19:11:00|
  2. 観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ノリのマー君への洗礼を生で観る。
今日は友達と2人でナゴヤドームに楽天VS中日のオープン戦を観に行きました。よってそのレビューです。

前売り券は完売でした。
ノムさんが「11日に田中を先発」と前もって言ってくれていたのでみんな買ったんですね。みんなミーハーだなぁ。
ちなみに自分ももちろんその1人。
マー君が投げなかったら単なる観戦。
まぁ、ノリっていう思わぬ目玉がありますが!

20070311234016.jpg


これがマー君です。
このがっちりした体、足の長さはとても俺の1コ上とは思えない。
すげぇなぁ。
もう2度とルーキーのマー君は生で観れないだろうから、幸せ。
一瞬を大切にしました。

席はドラゴンズ外野応援席の震源地のすぐ近くでした。
よって目の前を大きな旗がビュンビュンと振り回されてるその一帯。

それ以上に隣の貧乏揺すりが激しいオッサンと、ジュースこぼして俺のコート汚してシカトしちゃうオッサンと、ウッズのTシャツ着たウッズみたいな体つきの1人で来てたオッサンが前で立って応援してたせいですんごく観にくかったです。
トリプルオッサンの注意、警告です。

写真はマー君を観に、バックネット裏へ行って撮りました。
最大のズームで。

あ、脱線しました。

まず、試合自体は一言でグダグダでした。

今日の朝倉は最悪。
ボール先行、ストライク狙い撃ち、とどめは危険球退場。
マー君より先にマウンドを下りたのはいかなる状況でもダメでしょう。
カッコ悪い。

マー君そもそもの出来も今ひとつ。
でもやっぱ球はすごいなぁ。
スライダーだけはよかった。
調子悪くてもスライダーでなら打ち取れるってことかな。
荒木なんてキリキリマイ。
ビョンギュもキリキリマイ。

洗礼を浴びせたノリは今日の一番の主役です。
左肘にボール1個分ほどのテーピングを巻いた(ソレくらい大きなテーピング)ノリは第一打席で芯で捉えながらも、センターライナー。

で、第2打席に完璧に捉えてバックスクリーン左にホームラン。
もう最高でした。

やっぱノリはすごいです。
生で観るとよりすごいかもしれない。
打球が速かった。
これ、素人の感想w

2番手小林はボチボチ。
まさかの2者連続危険球退場・・・?も予想しましたが、さすがにそこまでは。
日本シリーズでのリリーフ直後の小笠原への初球デットボールが忘れられないw

グダグダと書いても面白くないからここでひとつ面白いお話を。

朝倉が危険球退場で、次の投手小林が来るまでかなり時間がありました。

選手はキャッチボールをして肩を冷やさないようにします。
内野は適当にキャッチボール。
福留は一塁ベンチから出てきた西川とキャッチボール。
よって、レフト英智とセンター李炳圭のキャッチボール・・・なんですが!

突如座り込んで「かったりーなー」って雰囲気の英智。
戸惑う李炳圭。
2分後くらいして李炳圭が名案を思いついたのか、座り込む英智の方へかわいい投げ方でボールを転がした李炳圭。

コロコローとボールは英智の方へ。
英智はそれでも気づかない。
ていうか、シカトともとれてしまう。
李炳圭のオロオロ感がおもしろかった。

で、ボールは無情にも英智のところへ届かずに途中で止まっちゃうんですが、英智が気づく。
「あ、わりぃ、気づかんかったわ」的なノリでキャッチボールスタート。

っていうおもしろい1コマがありました。

李炳圭はまだ親しんでいないのか。
それとも非凡人な英智には誰もついていけないのか・・・。
「続きはウェブで!」

続かないけど。

今日は俺がぞっこんの中田が登板。
何でも親父さんを亡くされて、それでここまでオープン戦無登板だとか。
がんばれ、中田!

ユニフォーム着て応援しました精一杯。
2回4安打無失点かな。
2ケタ勝って、親父さんに届けて!
球は146出てたし上上でしょ!

中里が9回に登板したけど、球場では中里のすごさはわからない、ってことがわかった。
球のノビが具体的に見えないんです。
新発見。

三沢も投げたな。やっぱストライクが入る分逆に打たれてる、って感じが・・・。

野手編。

李炳圭はじぇんじぇんダメです。
本人曰く30日の開幕への調整ということなので、文句はそれからにします。
ある程度率は残せるはずだし。
ボテボテだけど内野安打が出たし、変わらないかな。

荒木は先述どおりキリキリマイ。

谷繁が最近印象薄いけど、十分な調整という感じ。

立浪は相変わらずすごい声援。
ナンバーワンです。
ナンバー2はノリ。
立浪はマー君をKOに導くフォアボール。

井端も好調。
守備若干不安定。

森野がイイ。
ノリのホームランの後大暴れ。
いい刺激になってるな、って思った。
ただ、守備が一塁→レフト→三塁→一塁はかわいそうすぎる。

西川もルーキーとは思えない制球眼を披露。

ウッズが先制タイムリーを打った。
けどなんか元気ない、心配。

福留がナンバー3の声援。
きちんと応えてくれるあたりすばらしい。
今年も期待できます、かなり。

英智は目立たなかったなー。
1打席で交代だったしな。

こんな感じでグダグダなレビューを終わります。

次回は14日阪神戦レビュー。
今度はきちんとやりますw
[ノリのマー君への洗礼を生で観る。]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/11(日) 23:43:40|
  2. 観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

8/27 ベテラン奮起!竜連敗ストップ
久々にパソコンから更新します。
ちょっと間が空きましたが、またしっかり書いていこうと思っています。

20060828140224.jpg


昨日はナゴヤドームに観戦に行きました。

4連敗中だし、そろそろ勝つだろう、的なノリで野球部の方とドラゴンズ応援席で観ました。

今日は観戦記と題していきたいので、観戦した感想を率直に語りたいです。

まず、感じたことは今名古屋は優勝に向けてかなり熱いこと

5月の西武戦と同じ席でしたが、熱さが格段に違いました
優勝ムード満点でした。

応援も東京などのドラ党のビジター応援を取り入れるなど、新鮮さもあり、かなりよかったです。

首位チームだから当然かと思われますが、こういった印象を受けるのは初めてなので、勘弁です。

試合は拙功が続いてまた負けかな、と思いましたが、自分がもっとも期待していた『優勝チームにはベテランの力が必須』というのが見事に再現された試合でした。

前日に平田がデビューし、その日はスタメンもあるんじゃないかと大いに期待しましたが、井上でした。

井上は打たなかったけれども。

まぁ、観に行った感想としては立浪同点打を打ったことが本当にうれしい。
昨日は谷繁5打点立浪1打点と全得点をベテランがたたき出したいい試合でした。

久々に立浪笑いました

20060827-04670599-jijp-spo-thum-001.jpg


もっとこの人の笑顔が見たいですね。

福留、ウッズらの中軸のあたりが止まったことは気がかりですが、まぁなにより連敗ストップで一息です。

昨日の試合結果は?

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
横浜 0 0 0  2 0 1  0 0 0 3 10 1
中日 0 2 0  0 0 1  3 0 X 6 9 0

勝利投手 [ 中日 ] 平井(5勝3敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 山北(1勝1敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗33S)
本塁打
[ 横浜 ] 吉村 22号 6回ソロ

バッテリー
[ 横浜 ] 山口、牛田、山北、木塚、ソニア ? 鶴岡
[ 中日 ] 佐藤充、平井、岡本、岩瀬 ? 谷繁


さて、昨日の試合で毎月観戦が達成されました。
各月の試合結果は?

4月1日 VS広島 勝ち 先発:マルティネス
5月24日 VS西武 負け 先発:マルティネス
6月8日 VSロッテ 勝ち 先発:佐藤充
7月29日 VS巨人 勝ち 先発:マルティネス
8月28日 VS横浜 勝ち 先発:佐藤充

4勝1敗。なかなか自分、勝ち男ですよ。
じゃなくて、中日がナゴヤドームに強いだけですね。
これで負けが先行してたらよほどの負け男ってことです。

でも、5回観に行ってマルティネス3回、佐藤2回はつまんないですw
自分と同じ日に観戦される方がいたら、連絡ください。
高確率でマルティネスをご招待します。
でもやっぱ川上とか中田とかマジ観たいですね。

9月は行く予定ありません。
10月の日本シリーズを狙います。



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/28(月) 14:16:50|
  2. 観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

巨人戦第2戦の感想
土曜日の巨人戦第2戦、今季最多の観衆と大いに盛り上がった試合を観に行きました。
観衆は38349人だったそうです。
今年で4回目の観戦です。

試合のレビューはもう過ぎてしまったことですし、簡単に済ませてもらいます。
今日は観戦の方をメインで。写真は後日載せます。

【簡易試合経過・レビュー】

中日は序盤から打ちまくり、巨人を投打において圧勝
今季初の6連勝、対巨人戦は22年ぶりの8連勝とした。
試合は2回表、無死満塁で巨人がチャンスを迎えた。
打者仁志が浅いライトフライ。で、3塁走者生還できず。
次打者実松が三振。
2死となって、最後はグローバー遊ゴロと無得点に終った。
最近の巨人を象徴するかのような拙攻。
巨人以外のチームが相手だったらそこの場面でマルティネスは打たれていたハズ。敗戦の原因は仁志といっても過言ではない
あそこで完全に流れが変わった。
野球というものは面白いもので、その後の2回裏中日の攻撃で、グローバーの2塁への悪送球などで、チャンスをつくり、英智が適時打を放ちあっさり先制。
その後は中日のものである。
3回一挙6点の猛攻。
ウッズ、アレックスのアベック弾も飛び出した。
グローバーを3失点されたところで交代させ、ルーキー栂野を投入。
原監督曰く、「流れを止めたかった」だが、ルーキーで流れを止めれるほど首位チームは弱くない
栂野は炎上した。

先発マルティネスは7回を1失点の好投で、1ヶ月ぶりに5勝目を挙げた。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
巨人 0 0 0  1 0 0  0 0 0 1 7 1
中日 0 1 6  2 0 1  0 1 X 11 17 0

観衆数:38349人

勝利投手 マルティネス(5勝6敗0S)

敗戦投手 グローバー(3勝4敗0S)
本塁打
[ 巨人 ] 李 31号(4回表ソロ)
[ 中日 ] ウッズ 23号(4回裏ソロ)、アレックス 10号(4回裏ソロ)

[巨人バッテリー]

グローバー、栂野、前田、野間口、林 ? 実松、加藤

[中日バッテリー]

マルティネス、長峰 ? 谷繁、小田

【観戦の跡】

巨人ファンも熱心で、多くの人が応援に来ていた。
そのなか、ふがいない試合だったが「野球人気回復か?」と思わせる一場面だった。
中日ファンの自分としては大変気持ちのいい試合だった。
パカパカ打ったわけだから。
見ていて楽しかった、やっぱ観戦に行くなら打撃戦かな。
点が入ったほうが楽しい。ウッズの本塁打ははじめてみた。

今年の自分の観戦日記は?

4月1日 VS広島 勝ち 先発:マルティネス
5月24日 VS西武 負け 先発:マルティネス
6月8日 VSロッテ 勝ち 先発:佐藤充
7月29日 VS巨人 勝ち 先発:マルティネス

お分かりでしょうか、4戦中3試合がマルティネスですよ!?
先発発表がドキドキでならない。
ただ、3勝1敗というのはうれしいですね。
しかしこうやって考えると、月間1試合行ってるぞ。(8月も行くし)
う?ん。。。1回の交通費が往復1000円なんだよな。
俺4000円以上使ってるよ・・・。

8月の試合は川上が見たいです。

みんなの大好きなマルティネスはこんな選手→マルちゃん


[巨人戦第2戦の感想]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/31(月) 09:44:50|
  2. 観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6




| ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。