竜刊野球マニア?毎週月曜更新?

中日ドラゴンズを週間で単位で復習。 1週間がわかりやすい! たまにコラム更新します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉見に悪魔のホワイトデー
n-bb-070315-03-ns.jpg



昨日の小牧球場でのタイガースとの一戦。
「観戦に行きます」といいましたが、行きませんでした。
4人での初観戦で、かなり盛り上がる予定だったんですけど。

理由?…寒いから。また、風邪が極端に強い。

理由?…学校が半日で終わるもののプレイボールが13時と時間がいっぱいいっぱいでキツイ。

理由?…入場券が高い。外野1000円。内野2000円。ナゴヤドームの倍のお値段。バイトやってない高校生にはキツイ。
(もっと言えば小遣い3000円の俺はもっとキツイ)

理由?…「じゃぁ、仕方ないか外野で行くか」ってなったものの外野席がまさかの芝でイスなし。デリケートな4人にはキツイ。(←この辺曖昧

理由?…吉見が打たれる予感がした。

の5つが主犯的理由になって行くのやめました。
最後の?はウソですけどね。吉見先発は当たりましたけど。
まぁ、リアルな理由ですいずれも。

前回の11日はマー君見れて、ノリ見れて、中田見れて、で入場券が安かったけども、さすがに昨日の試合は1000円出せない。

テレビ観戦なら無料です♪♪

吉見が4回で8失点。
森コーチに2軍降格を告げられる。

吉見はなぁ、すんごぃ期待してたんだけど。
あんま打たれた記憶がない。
初登板も、初先発も、日本シリーズもさ。
優等生だったじゃないですか。

むしろ、どこか難をかかえる佐藤亮、長峰よりも完成してると思うんですよ。
でもまぁ、最終的に開幕のメンバーに入る可能性も消えてないわけで。
吉見の力は実際どこかで必要です。

2回を4奪三振と好投したF・グラセスキ。
何人か入ってきた外人投手で一番早く名前覚えました。
ストレートで全部三振撮ったように見えるけど、ムービングファストかなんかかな??
若干動いてるような気もする。
ウイニングショットがいりますよ、中継ぎは。

森岡の守備の上達度はすごい。
もうその辺のレギュラーショートに引けを取らないでしょ、あの守備は。
いやぁ、嬉しいね。
03年の森岡初安打の新聞とってありますからw
打撃の構えを横浜の石井みたいになってた。
まぁ、その辺はいいや。

菊地を昨日はじめてみた。
すんごい安定してるって印象。
腕は完全にスリークウォーターだけど、きれいな腕の振りだと思った。

背番号47の左腕といえば、工藤、(かつての)野口、杉内、帆足とかが浮かびますが背番号47の左腕はカッコイイです。
菊地はなんか野口に似てる。
「KIKUCHI」の“UCHI”のところとかNOGUCHIとかぶるしね!

昨日はあんま打撃陣をしっかり見てないので書けません。
ウッズが調子上がってきたのかな。
ウッズの長袖は不気味だ(´Д`)

今日の豊田で地方球場OP戦終了。
ここで若手のふるい落としが終了らしいですね。
野手だっけ正確に言えば。

もうOP戦は観にいけません。残念。
次回の生観戦は開幕戦4月1日です。

では。

昨日歯にアクシデントが・・・。 [吉見に悪魔のホワイトデー]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/15(木) 13:03:39|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

OP戦開幕?懐かしきゲームレビュー?
テスト週間中だけど見てしまったものはしょうがない。
おそらく東海地方だけであろうOP戦初戦の中日対ヤクルトの放送を見てしまったから、細かく見れなかった人もいるでしょう。
これはもうレビューするしかない。

テスト勉強しながら中継を見るのは無理でした。
聴きながらも無理でした。
ラジオとテレビを駆使してOP戦全部見てしまってごめんなさい。

今日は懐かしきゲームレビューです。たぶん今日限り。
誰が懐かしいって、書いてる自分が一番懐かしい。

かなり細かいですよ?

【今日の試合】

オープン戦初戦:中日VSヤクルトin北谷

【先発オーダー】
(→は交代選手)

1番 二 沢井
2番 遊 井端→鎌田
3番 三 森野→西川
4番 指 堂上直
5番 左 中村公→普久原 
6番 中 中村一→上田
7番 右 平田
8番 捕 谷繁→小田
9番 一 春田

井端が志願の先発出場。本塁打を放つなど好調を証明。
2軍のテレビ中継みたいでおもしろかった。
感想→“やっぱ1軍と2軍の壁は厚い”

【投手リレー】

石井,吉見,佐藤亮,三沢,菊地,小林

石井、吉見はまずまずのナイスピッチング(日本語おかしい)。
佐藤亮は制球に難。
三沢は球威不足。
菊地はナイスデビュー。
小林は調子に乗ったね。

って感じです。

【(記憶あやふやだけど)ハイライト】

<1回裏・投手:グライシンガー・0?0>

井端がいきなりソロ本塁打。
完璧な当たりでした。

森野が四球で出塁も、牽制アウト。

堂上初打席は三振。
グライシンガーは面白い投手です。
変化球多彩、コントロールもそこそこまとまってます。
振りはよかったんだけど堂上。

<2回表・投手:石井・1?0>

先発石井は予想できなかったな。
スライダーが今日はよかった。
後はストレートとコントロールかな。

2回裏は3者凡退。
平田の第一打席は三振。
振りもフォームもメチャクチャ。

<3回裏・投手:グライシンガー・0?0>

2死から沢井がうまく流してヒットで出塁。
好調をアピール。
あの流し方は今までにない沢井でした。

でも盗塁死。スライディングに課題。

<4回表・投手:吉見・1?0>

吉見はやっぱ別格。
今日の中で一番だと思う。
まだストレート走ってなかったけど、ここ一番の制球はピカ一。
順当に開幕1軍かな。

<4回裏・投手:松井・1?0>

井端が投手ゴロ。
堂上が四球。
中村公も四球。
中村一がセンターに打ち上げてアウト。
平田が1塁ファールフライ。

若手アピールできず。

<5回表・投手:佐藤亮・1?0>

3番手は佐藤亮。
5回は制球がメチャクチャで四球を出したり、ストライクを取りにいった球打たれて、同点許したりと制球にハッキリした課題が。
正反対に球威とカーブがよかった。

6回はストレートとカーブが思うように決まってた。
6回では井端から変わった、鎌田がショートの深い打球を鮮やかに処理。
成長した鎌田を目の当たりにしました。

<6回裏・投手:佐藤賢・1?1>

堂上が佐藤賢の前に手も足も出ず。
プロの球を痛感した感じ。

<7回表・投手:三沢・1?1>

ヤクルトから移籍した三沢が登板。
コントロールはさすがといった感じでしたが、球威が全然でした。
連打を浴び、エラーも絡んで2失点。

エラーというのは森野を継いだルーキー西川のまさかのトンネルです。
あれは痛かった。というより緊張してるのまるわかりでした。
ユーティリティーだっけ、ユーリティーだっけ?とりあえず守備万能選手なはずなのに!まぁ、仕方ない。

<7回裏・投手・遠藤・1?3>

今度は中日から移籍した遠藤です。
古田監督狙っての采配かな?w

で、遠藤は打ち込まれます。
中村一と小田の連打。
ようやく中村一(というより若手)にヒットが。

で、春田がライトオーバーのタイムリー2ベース。
すんごいナイスバッティングでした。
平田より春田です。

<8回表・投手三沢→菊地・2?3>

菊地が2死から登板。
打者1人を抑えるためだったようだけど、テレビ出演時の緊張した顔とは裏腹の落ち着いたピッチングで打ち取った。
三振だったかな?忘れました。
菊地即戦力かな??

<8回裏・投手:館山・2?3>

館山の前に中日若手陣キリキリマイ。
堂上がもう手も足も出ずに三振。

で、トンネル男しちゃった西川。

彼、秋に行われた大学選抜対ヤクルトの試合で、館山と対戦してボコボコにやられたそうです。

で、プロになった試合で対戦して、またボコボコにされました。
バットにかすりもせず三振。

なんと館山この回三者三球三振。
スゴイ。

<9回表・投手:小林・2?3>

日本シリーズ対小笠原のワンポイントで登板、初球デットボールが記憶に新しくもない小林が登板。

今年からプレートのルールが変わりました。
今までは軸足が完全に乗ってないと×でしたが、今年から一部でも触れていたらOKに変更。

サイドハンドがクロスファイヤーを使いまくれます。
でも、落合監督曰く厳しい内角攻めによる「乱闘増加」が指摘されています。

そんな追い風を受けた小林でしたが、アウトコースばかり攻めるんです。
まぁ、そりゃストライク入れやすいけど。
で、右打者の内角にはあまり投ぜず、アウトコースをライト方面に流されるの連続で失点。

盗塁を小田が刺そうとして、二塁に送球、沢井がポロリして、一気に三塁へ。
で、小林が打たれました。

<9回裏・投手:花田・2?4>

平田4打席目はショートゴロ。
やっと自分の打球を打ったかな、って感じだったけどダメ。
今日は4タコ。

上田も代打で出場しましたが凡退。
で、ゲームセット。

【試合結果】

     1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 2 0 1 4
中日   1 0 0 0 0 0 1 0 0 2

勝:佐藤賢
負:三沢

本:井端

【レビュー】

竜連覇へ向ける初陣は苦い1敗となりました。
若手主体のメンバーでしたが、アピールに成功した野手と言うのは正直、春田だけでした。
そんな若手野手に欠けるのは積極性。
甘い球の見逃し、難しい球の打ち損じが多かったように思いました。
しかし、厳しいキャンプで行った練習は嘘をつかず、確実に成長しているという一面も少なくなかったです。
ショート井端と後継者では間違いなく鎌田が1番手ですね。
で、二塁森岡が定着すればOK。

残る外野一枠は落合監督も頭が痛いかな。
両中村がパッとしなかったから。
右打者ねぇ。。。英智が見たかったんだけど。
でも一生はヒット打ったし、まぁまぁ?

OP戦ですので勝った負けたは全然関係ないですが、ちょっと中日らしい負け方でした。
1点を守る野球をファームでも徹底して欲しいです。
西川のエラー、沢井のエラーが結果的に失点に結びついているので。

まだチャンスはあるはずだから、若手は1軍生き残りにアピールを。
アピールが足らない!

【個人個人レビュー】

気になるあの選手をピックアップ。

<堂上直>

対外試合初出場の堂上でしたが、三振、四球、三振、三振と踏んだり蹴ったりでした。中でも見逃し三振が2つだったかな。というよりプロの球に完全にやられたという感じ。あまり振らせてもらえなかったし。
間違いなく実践向きだから今後に期待。

<平田>

挑戦してる神主打法を初めて見たけど、出来は最悪の模様。
タイミングもフォームもバラバラでした。
もともと平田はフォームはバラバラで、自分の間合いで打っていくタイプなんですが、フォーム矯正によってそれもがなくなってしまった感じ。
あれは今後このフォームを極めるか、諦めるかでだいぶ今後の野球人生変わると思います。
中日の若手野手育成が問われないように・・・。
平田は三振、一塁邪飛、三振、遊ゴロでした。

<春田>

今日一番振れてたかな、というのが春田。
もちろんタイムリーの印象が強いですけど、振り切ってのタイムリーでしたので、平田とはちょっと正反対の出来でした。
ただ、守備でミスが。まだ一塁に不慣れなのかなぁ。


<小田>

3失点以上で罰走。
球場から宿舎までの17キロを走って帰宅の罰。

三沢が2失点、小林も1失点で案の定罰走でした。
ドンマイ、小田。
でも、途中で見せた強肩とか、バットを折りながらのヒットとアピールはあった。




以上、試合レビューでした。
久しぶりでしたね?

やっぱプロ野球は楽しい。
見てるだけで楽しい。
まぁ、自分は座って野球中継を見ることはないです、ほぼ。
グローブとプラスチックバット持って日々研究しながらの観戦です、マジで。
けっこういろんなことが見えてきますよ。

次回は横浜戦かな?
テレビ中継なさそう。

では。 [OP戦開幕?懐かしきゲームレビュー?]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/02/24(土) 18:37:14|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

10/4 立浪涙のサヨナラヒット!岡本、父に捧げる1勝
実に今日は感動的な試合でした。
声に出ない男の気持ちが伝わってくるのです。

【今日の試合】

中日VS広島19回戦

【先発】

中日:中田
広島:小島

【試合経過】

中日は1回にウッズ(9月月間MVP)の先制タイムリーで先制。
3回にもウッズが1塁に井端を置き、タイムリー2ベースを放つ。
井端がよく走った。

好投を続ける中田は8回に、1点差に詰め寄られたあと、前田に失投を許し、同点本塁打を浴びる。

中田は今年一番の出来。
直球、変化球ともに抜群の切れ。
フォークがさえ三振の山を築いた。

9回は岡本が登板。
前日にお父様を亡くし、左肩に喪章をつけての登板だった。

いつもと違う岡本の表情。
それはボールに乗り移り、2三振を奪った。
表情は決意に満ち、外にでない感情がボールに乗り移っていた。

そんな岡本の熱投に応えたい中日打線は9回。

井上、英智、谷繁で1死1塁2塁のチャンスを迎え、打者は代打立浪。

広島ベンチも動き、立浪と同級生の高橋健をマウンドへ。

高まる緊張の中、高橋はノースリーとカウントを悪くする。

その4球目立浪はいつもと同じ綺麗な起動を描くスイングで、綺麗なこの打球を放ち、右中間に落とした・・・。

ベンチからは早々とナインが駆けつけ、立浪に手荒い祝福を送った。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
広島 0 0 0  0 0 0  0 2 0 2 9 0
中日 1 0 1  0 0 0  0 0 1X 3 10 0

勝利投手 [ 中日 ] 岡本(4勝0敗1S)
敗戦投手 [ 広島 ] 梅津(0勝1敗1S)

本塁打 [ 広島 ] 前田 21号 8回ソロ
バッテリー
[ 広島 ] 小島、ダグラス、河内、梅津、高橋 ? 石原
[ 中日 ] 中田、岡本 ? 谷繁

【独占!立浪、涙のお立ち台全文】

アナウンサー:最高の一打でしたね!

立浪:最高にうれしいです!

ア:どんな気持ちで打席に立ちましたか?

立:いいところで打席に立てたんで、絶対にうとうと思って、甘いところだけ待ってました。

ア:立浪さんへの大声援をどのように受け止めていますか。

立:いつも感謝でいっぱいで、涙が出そうになります。(ここで涙!)

ア:どんな思いでお立ち台に?

立:チームが日々、一生懸命戦ってるんで、自分もがんばろうと思って。

ア:マジックは5になりました、いろいろと思いはあるでしょうが・・・。

立:皆さんの期待に応えられてうれしいです。

ア:この一打はどんなふうに?

立:岡本さんが、前日にお父さんを亡くされて・・・でも必死で投げていて、なんとかしてやろうと思いました。ホント、打ててよかったです。

ア:優勝はもう少しですが、ファンへ一言

立:いつも、あたたかい声援ありがとうございます!これからもチーム一丸となって
がんばっていくんで、よろしくお願いします、ありがとう!






感動的なお立ち台でした。
男の涙はいいですね。。。

最高の1勝でした。
今日の試合は優勝へ大きな1勝であり、ポイントの試合です。
このまま一気に行く準備が整いました!!

テスト週間で、詳しく更新できませんが、最高の1日でした!!


[10/4 立浪涙のサヨナラヒット!岡本、父に捧げる1勝]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/10/04(水) 21:48:47|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

9/30 中日逆転でマジック7!?昌200勝完全射程内?
う゛?
風邪を引きました。喉が猛烈に痛いのと、ダルさです。
熱はnothingで。

中日が負けたら、おとなしくして、勝ったらレビューしようと思いました。
勝ったのでレビューします。

【今日の試合】

阪神VS中日21回戦

【先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 中 アレックス
7番 左 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 山本昌

井上が1日ぶりにスタメン。
山本昌は10勝目のかかる試合。
しかし、10勝とかいってる試合ではないことは承知でしょう。

対するは福原。
福原は4敗のうち、2敗が中日だし、この天王山ということでプロ野球生活初のプレッシャーを背負っての登板。
中5日での登板。

【ハイライト】

<1回裏・投手:山本昌・0?0>

赤星をヒットで出し、送られ、金本が先制タイムリーを放った。
絵に描いたような先制劇で阪神が先制。

<5回表・投手:福原・0?1>

中日打線は明らかに本調子でない福原を打ち崩せないでいたが、5回、福原のスタミナが切れかかったときに捕まえた。

井上のヒットから始まり、山本昌が送って、荒木同点タイムリー2?ベースをライトへ。
井端四球で、福留
原をめるべく福留が、うまく流しレフトへ2ベース。
これで勝ち越し。

<7回表・投手:福原・2?1>

福原はこの回で100球到達。
スタミナ、切れ、ともに限界だった。

先頭の谷繁を歩かし、山本昌の送りバントを矢野が失策。
そして、無死1塁2塁で荒木が送りバント、それも福原が失策。

労せず無死満塁
そんな大チャンスを逃さない男が井端
完全復調をアピールする、2点タイムリーを中前に。

さらに森野が犠牲フライを放ち、5?1とした。

<8回表・投手:久保田・5?1>

谷繁、井上が出て、荒木今日2本目のタイムリーをレフトへ。

で、井端の三ゴロの間にもう1点。
だめ押しの7点目を入れた。

<9回裏・投手:鈴木→小林→岡本・7?1>

が8回を5安打無四球、1失点の好投。
その後はワンポイントで締めて、中日快勝

この3連戦に必要だった1勝を手にし、マジックを7とした。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中 日 0 0 0  0 2 0  3 2 0 7 9 1
阪 神 1 0 0  0 0 0  0 0 0 1 6 2

勝利投手 [ 中日 ] 山本昌(10勝7敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 福原(12勝5敗0S)

バッテリー
[ 中日 ] 山本昌、鈴木、小林、岡本 ? 谷繁
[ 阪神 ] 福原、ウィリアムス、久保田、江草 ? 矢野

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

目の前の1勝をなんとしても勝って逆転優勝したい阪神と、2ゲーム差と接近されながらも、普段どおりのペースで野球を続ける中日で今明暗が分かれた。

阪神のここにきての猛追9連勝は正直異常現象であり、奇跡である。
9連勝中のチーム状態が悪いわけがない。
無論、チーム状態はいい。

だが、考え方、発想を逆にして、ひねくれて考えるとシーズン終盤での猛追9連勝は本当に異常現象といえる
ソレは、裏の意味で普段どおりでないという点において。

やはり、9連勝もしてると野球が変わるはず。
いつもどおりの野球で9連勝となると、阪神の場合藤川などがボロボロになってるはずだし。
つまり、普段の野球と9連勝中で野球では若干異なるということ。
今日の試合はソレが裏目に出てしまったということ。

中日は焦ることなく落合監督の言う「あと9個勝てばいい」の他を見ない考え方が、チーム全体に浸透し、いつもどおりの野球を天王山でやれる。

自分たちの野球がずっと続いても連勝はできない。
自分たちの野球をやっても勝てない試合はいくつもある。
ただ、自分たちの野球を崩さない限り、チームはいい位置に付けることが出来る。
そのことに今日気づいた。

「勝ちたい」の一心と広島の衰退がもたらした9連勝。
今日負けたからといって、阪神ナインに諦めるということはまずないと言えるが、明日の試合は重要である。
勝ったら2ゲーム差。
首の皮1枚で中日を追走できる。

それ以上に明日は濃いゲームになると思う。
中日は勝てばマジックが5となり、本格的に優勝が見えてくる。

明日は今までにない緊張感に包まれそう・・・。

【記録】

山本昌、2年ぶり10勝目。200勝マジック10

【明日の先発予想】

中日:朝倉
阪神:安藤

【順位表】

1位 中日 M7
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 巨人
5位 広島
6位 横浜

【今日のオススメブログ】

right fielder 24さんの『晴耕雨読なベースボールブログ』






[9/30 中日逆転でマジック7!?昌200勝完全射程内?]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/30(土) 19:11:27|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

9/27 竜投総動員!!逆転勝ちでマジック10!
【冒頭】

こんばんわ。
当ブログは昨日をもちまして・・・・・・・・10000HITを迎えました。
ありがとうございますm(_ _)m
そんでもって若松監督風に「おめでとうございます!」
次は早く20000HITできるようにがんばります。

中日は阪神との天王山まで負けられない横浜戦2戦目。

【今日の試合】

中日VS横浜19回戦inナゴヤドーム

【先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 左 井上 
6番 中 アレックス
7番 三 森野
8番 捕 谷繁
9番 投 マルティネス

井上が5番。
先発はここ1ヵ月以上勝てていないマルティネス
外国人にとって9月は来季に向けてのがんばりどころ・・・。
横浜はエース三浦で首位いじめを狙った。

【ハイライト】

<1回裏・投手:三浦・0?0>

ウッズ併殺の間に先制。

<2回表・投手:マルティネス:1?0>

1回をなんとか抑えたマルティネスであったが、2回に四球と連打でつかまり、1回と無死で降板。
ピンチを引きずった2番手鈴木が相川に逆転2点タイムリーを打たれた。

<2回裏・投手:三浦・1?2>

森野、谷繁が作ったチャンスを三浦キラー荒木が生かし、同点タイムリー。

<4回表・投手:久本・2?2>

3番手久本が石井琢にタイムリーを浴び、2点のビハインド。

<4回裏・投手:三浦・2?3>

先頭打者の森野が完璧なあたりのソロホームランをライトへ。
特打ちの成果が出たようだ。

さらに、谷繁が2ベース。
代打・奈良原が送った形を作り、1死三塁。

そこで、またも荒木がタイムリー。勝ち越し。

さらに、福留がタイムリー2ベース。
ウッズもタイムリーで続き、この回一挙4点を入れ、逆転。

<9回表・投手:岩瀬・6?3>

4回以降は両チームともに無得点。
中日は、久本の後を平井、小林、デニー、岡本、岩瀬で継いだ。

どの投手も試合を締めるにふさわしい投球をし、試合を盛り上げた
6連戦の初戦、第2戦でこれだけ投手を使うと痛いが、総力戦で乗り切った。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
横浜 0 2 0  1 0 0  0 0 0 3 9 0
中日 1 1 0  4 0 0  0 0 X 6 12 0

勝利投手 [ 中日 ] 久本(2勝2敗1S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 三浦(7勝11敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗37S)

本塁打 [ 中日 ] 森野 9号 4回ソロ

バッテリー
[ 横浜 ] 三浦、木塚、山北 ? 相川
[ 中日 ] マルティネス、鈴木、久本、平井、小林、デニー、岡本、岩瀬 ? 谷繁

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

先発マルティネスが2回途中で降板。
サヨナラ勝ちで勢いづくチームに水を射した形になったが、中里、中田除くリリーファー8人を投入し、繋ぎ、自力でマジックを減らし10とした。

マルティネスに関しては本人の言う「ノーコメント」が示すよう、何もないだろう。
ここ5試合で勝ち星ナシ。
ここ5試合の平均投球回は約3回と、まったく先発の役目を果たせてない。
しかも、チームが流れに乗りかけたときに止めるかのような投球が続いている。
そんな内容が5試合も続いたようでは次の登板はないと考えていいだろう。

打線も、三浦が不調だったとはいえ、下位打線から上位に繋ぐいい循環で、得点を重ねることが出来た。
谷繁の3安打は好材料。

現時点でこの先6連戦はないので、だいぶ先発のやりくりが楽になる。
先発がいい投球をすれば、打線が応えるのが中日の野球。
これから先、先発が7回を投げ、打線が援護し、勝つ。
それが虎を引き離す、一番の形なはず。

【記録】

荒木、三浦から3安打
小林初のお立ち台
福留打率.360
谷繁猛打賞

【明日の先発予想】

中日:佐藤充(復帰登板か!?)
横浜:牛田

【順位表】

1位 中日10
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 巨人
5位 広島
6位 横浜

【その他の試合】

日ハムパ・リーグレギュラースーズン1位通過!!

ヤクルト 9 - 7 巨人

阪神 5 - 1 広島(阪神2年ぶり7連勝)

日本ハム 4 - 1 ソフトバンク

西武 4 - 3 ロッテ

オリックス 0 - 1 楽天(オリックス中村監督辞任発表)

【今日のオススメ野球ブログ】

上昇気竜さんの、
『綴場?TSUDURIBA?』

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/27(水) 22:35:21|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6




| ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。