竜刊野球マニア?毎週月曜更新?

中日ドラゴンズを週間で単位で復習。 1週間がわかりやすい! たまにコラム更新します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8/30 竜虎第2Rは総力戦!
今日は明日から学校始まるし、課題に追われているということで携帯からです。

昨日の試合で阪神の意地を見せられた。
中日はこの3連戦、1勝すればいい。だから今日か明日で勝っておけば間違いは起こらないだろう。

【今日の先発】

中日:朝倉
阪神:下柳

【ハイライト】

<1回表>

ウッズ先制タイムリー。

<2回表>

英智タイムリー。2点リード。

<6回裏>

浜中タイムリーで2ー1。

<7回裏>

平井から関本がタイムリーで同点。

<8回裏>

岡本がタイムリーを打たれ、阪神勝ち越し。

<9回表>

藤川から土壇場2死で井上が第6号のソロを放つ。
同点で試合は延長へ。

<12回裏>

デニーが締め、4時間41分の総力戦にピリオドを打った。

【試合結果】

中日3ー3阪神

本:井上6号

【レビュー】

中日は勝ちに等しい引き分けだった。
藤川から打った井上の本塁打なんかは感動もの。

阪神が負けたくないと思うのなら、中日はマジックを減らしたい、勝ちたい一心である。

中日は完璧のリレーで阪神打線を抑えた。
今日は勝ちパターンの選手は全員使った。

完全な総力戦。
阪神サイドからしても、勝ちに等しい引き分けだったはず。
両球団を引っ張ってきた中継ぎエースがともに打たれ、ほかの選手がカバーしたから。

下柳も悪いなりに抑えたし、藤川だってこれまでの成績から攻めるものは誰もいないはず。

中日は自チームの持つ力をフルに発揮し、阪神は意地からくる底力で引き分けにした。

形は違えど両球団の強さを象徴する試合になった。

【公示】

平田が2軍、石井が1軍昇格。

【明日の予想先発】

中日:川上
阪神:福原

スポンサーサイト
  1. 2006/08/30(水) 22:55:45|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ドラ戦士の目標達成度チェック中間発表(投手編)
シーズンも終盤に差し掛かってます。
もうある程度成績等で予想がつく時期となりました。
首位打者が誰だーとかその辺です。

で、各選手シーズン前にいろいろ目標を話してくれるわけです(マスコミに)。
それで、その選手たちの目標は達成されそうなのか、ダメなのかシーズンはまだ終っていないので中間発表とします。

『』内はシーズン前掲げた目標。☆は5段階。

落合監督『悲願の日本一を狙う』

リーグ制覇は目前です。ですので、日本一を狙うという意味では挑戦権を得そうです。さて、日本一なるか。現段階での到達度は☆☆☆

川上憲伸『初の3年連続2ケタ勝利』

自分が二ケタ勝てばチームが優勝戦線にいることをよく分かっていますね
目指せ20勝!現段階での到達度は☆☆☆☆☆。

岡本真也『シーズンフル1軍』

残念!2度の2軍落ちといい、今年は力を出し切れたいない。
到達度は☆

岩瀬仁紀『最多セーブ賞』

現在33セーブ。2位のクルーンに12の差。残り試合は中日が37横浜32。
最優秀救援は固いだろう。現在での達成度は☆☆☆☆。

朝倉健太『4年ぶりの2ケタ勝利』

見事達成済み!!朝倉が活躍すれば中日も明るい。
今年は4年前と違い、チームに多くの貯金をもたらしていることが価値を増幅させる。達成度は☆☆☆☆☆。

佐藤充『先発ローテ定着』

見事に達成しています。というより、今彼の戦力はなくてはならないものとなっています。すばらしい成長ですね。たださいごまでわかりませんが。達成度は☆☆☆☆。

中田賢一『ローテ定着と2ケタ勝利』

ローテ定着はケガが癒えてからは達成されています。
ただ離脱したのも事実。2ケタはかなり厳しいです
来年に期待です。達成度は☆☆。

鈴木義広『故障封印で年間フル1軍』

故障はなかった、ただなかなかお呼びがかからなかったため序盤は2軍にいた。
しかし、現在防御率1点台、貴重なロングリリーフなど活躍は大きい
だから☆☆☆☆。

落合英二『1年間投げ抜くこと』

残念。落合は今年引退の可能性が高い
岡本の不調で上がったが、すぐ2軍に行ってしまった。
彼の力は必要だと思うんだけど・・・。達成度はナシ。

山井大介『先発ローテ定着』

今年まだ1軍登板がないです。2軍でもようやく出てきたって感じです。
社会人卒で、すでに5年目。今年こそはという意気込みが強かったんだろうけど・・・。達成度はナシ。

山本昌広『なんとしても日本一』

昌らしい、チーム思いの目標です。
今年、序盤は勝てなかったけど、夏場を経て、好調。
日本一に近づける功労者といえよう。達成度は☆☆☆。

平井正史『50試合登板と防御率2点台』

現在43試合登板で防御率2.03。十分達成できそう
今年は岡本に変わるリリーフエースとして、抜群の安定感を保っている。
達成度は☆☆☆☆。

デニー友利『セットアッパー』

困るなぁ。こういう目標は。どう評価していいかわからないw
でも年間通して1軍にいるし、セットアッパー的な位置にいるし、本人也には満足してるんじゃないかな。だから☆☆☆☆。

マルティネス『10勝以上で優勝に貢献』

現在6勝。あと4勝に迫っているが、9月全勝くらいの勢いでないと目標は厳しい。
ただ、1年ローテにはいる。
あとは昨年の成績を上回ってほしい。☆☆☆。

高橋聡文『ケガなく1軍のマウンドで投げ続けたい』

残念ながら、今年は不調で2軍にいる投手。
デビュー当時の怖いもの知らず的な勢いは影をひそめ、強気でない投球、いわば弱気な投球が目立つようになった。
ケガはないのだから、復活に期待。達成度は☆。




今日は投手編をお送りしました。
書いてる自分は楽しいです。気楽に書けるし。
読者の方はどうかなぁ・・・?

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/30(水) 16:17:14|
  2. ドラゴンズ雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

8/29  中田大炎上、竜大敗
今日から阪神3連戦。
阪神は前の巨人戦で藤川の復活、そしてファンに涙で現状を訴え、チームを一丸にさせた。

その効果あってか、今日は中日にとって中田にとって最悪の試合。
(全国放送で中田の名を知らしめるチャンスだったのに・・・)

【今日の試合】

阪神×中日14回戦in甲子園


【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 中 英智
8番 捕 谷繁
9番 投 中田

予想通り中日中田、阪神井川だった。
中田は阪神戦の連勝を延ばし続け、虎キラーの名をほしいままにしている。
投手戦が予想されたが・・・。

【今日のハイライト】

<1回裏・投手:中田・0?0>

阪神浜中のタイムリーで先制。

<2回表・投手:井川・0?1>

アレックスがヒットで出て、英智が送り谷繁タイムリーという綺麗な形で同点に追いつく。

<3回裏・投手:中田・1?1>

浜中の内野ゴロの間と中田の暴投で阪神2点勝ち越し。

<4回裏・投手:中田・1?3>

阪神、矢野の本塁打含む6連打で6点を追加。
9-1とリードを広げる。

中田は自己ワーストの9失点。
プロ入り以来最悪の試合となった。

<6回表・投手:井川・1?9>

ここまで2三振だった福留久々の一発
21号ソロをセンターへ。
1点返す。

<8回表終了>

8回表終了し、チェンジしようとしたところ、突然の激しい雨。
グラウンド状態が悪くなり、試合は8回表で終った。

井川は完投。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 安 失
中日 0 1 0  0 0 1  0 0 2 7 0
阪神 1 0 2  6 0 0  0 X 9 14 0

勝利投手 [ 阪神 ] 井川(11勝8敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 中田(4勝3敗1S)

本塁打
[ 中日 ] 福留 21号 6回ソロ
[ 阪神 ] 矢野 12号 4回2ラン

バッテリー
[ 中日 ] 中田、久本、中里 ? 谷繁、小田
[ 阪神 ] 井川 ? 矢野


【レビュー】

今日の試合、虎ナインの目はいつもと違った。
ここまで対中日相手に9つの借金
それが中日独走の要因と言っても過言ではない。

『なんとしても意地を見せたい』それだけだっただろう。

その意地を見せようとする虎ナインの闘志に圧倒され打ち砕かれたのは2年目の虎キラー中田

次世代のエースといえども、やはり2年目の投手だった。

球自体は申し分ない。今日も148?を連発していたほど。
キレも抜群。

ならなぜ、負けたか。それは、阪神打線の今までにない粘りと中田の未熟さ

中田は今日2ー3のカウントが多かった。いい球と悪い球の差がはっきりし、悪い球は見逃され、いい球は阪神打線の粘りのファールにかわされ、苦し紛れに投じた球を確実に痛打された

エースの名を継ぐのなら今日の試合は中田にとって大きなものとなったハズ。

ただ1つ言えることは、今日のポイントに阪神に火がついた時期があった。

阪神が目覚め、中田が完全に起こしてしまったかもしれない。

川上だったら返り討ちにしたかもしれない。

ただここまできて中日が崩れることはないし、阪神の奮起も一時的なものとみる。
だから、中田は投げた時期が悪かったのかもしれない。

しかしペナント奪回は依然中日優位になにも変わりはない

【記録】

平田プロ入り初三振(井川より)
中田自己最多の9失点。対阪神戦の連勝止まる。
福留3三振

平田は学習週間。
井川に手も足も出なかった。

【順位表】

1位 中日26
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 巨人(4位浮上)
5位 広島
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明日の予想先発】

中日:朝倉
横浜:下柳

【その他の試合】

巨人 6 - 0 広島

ヤクルト 4 - 1 横浜

日本ハム 4 - 6 楽天

ロッテ 0 - 12 ソフトバンク

オリックス 8 - 6 西武

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/30(水) 00:39:38|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今週のドラゴンズ&数字で見る特集
今週は大いにマジックを減らすチャンス
ドラゴンズが全勝すると9減ります。

では、今週の日程を。

【今週の日程】

29日(火)VS阪神(甲子園
30日(水)VS阪神(甲子園)
31日(木)VS阪神(甲子園)

2日(土)VS巨人(ナゴヤドーム)
3日(日)VS巨人(ナゴヤドーム)

※いずれも18時試合開始

【予想先発】

29日 中田?井川
30日 朝倉?下柳
31日 川上?安藤(福原)

2日 山本昌?上原
3日 佐藤充?内海

【気になる数字】

先週は先発投手に勝ち星が付かなかった

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと3勝
佐藤充?あと1
マルティネス?あと4勝
朝倉?15勝まであと5勝
川上?20勝まであと6

残り試合が38試合。ソレを6で割ると、一人6試合あと登板があると考えれる。
一人あたり6試合と考えると、中田は今後かなりの調子で望まなければならないし、川上も残り試合全勝じゃなければ、20勝に届かないことになる。

また、各投手の規定投球回、までの回数を調べたところ?

中田?あと80回
朝倉?あと38回
山本昌?あと20回と1/3回
マルティネス?あと46回
佐藤充?あと33回と1/3回

※川上はすでに到達済み

残り試合が38。一人あたりの登板数が6と考えると

各投手、規定投球回に到達するのはこれからの登板で1試合にどれだけの回数を投げなければいけないか?

中田?13回(規定投球回到達は絶望的)
朝倉?6回と1/3あたりのペースで可
山本昌?3回と1/3あたりのペースで可
マルティネス?8回前後で可(マルティネスの場合だと達成しにくい)
佐藤充?あと5回と2/3あたりのペースで可

と出た。
山本昌以外は早い回でKOされる、自分の首を締めることになる。
こんなデータも参考にしてもらえれば。

【今週のポイント&見どころ】

一気に阪神を叩いて、マジックを10代にしたい。
マジックは10代にきてからは早く感じるもの。

虎キラー中田で先陣を切り、朝倉が自己最多タイの11勝目を挙げ、川上で締める。
ただ、朝倉は阪神戦に弱い。
投手陣は夏場をなんとか、乗り切った。
ここからは猛暑ではなくなるので、今までのような最小失点で潜り抜ける投球に期待。

打線がやや湿りがち。
福留、ウッズがやや不調。

荒木はヒットを打ったがまだ本調子でない。
森野にも疲れが見える。

井端には乗り切れていない感がある。

英智もヒットが減ってきた。井上はしぶといけれども。

・・・と、なんだか書けば書くほど打線が打てないような感じだ。

しかし、それども不思議と得点能力は高い
手堅い野球だからだ。

あとは、ペナント制覇に向ける本番で福留、ウッズが打ちまくれば死角はない。
特に福留調子が悪いながらも今年はヒットを打てる
ので、福留になんとしても回したい。

中日がぶっちぎっているため、他球団もいい加減目標を変えてくる。
タイトル、それとAクラス争いなど。

タイトルに関しては中日ナインが総ナメする可能性がある。

()内は対抗馬

首位打者:福留(李スンヨプ)
本塁打王:ウッズ(李スンヨプ)
打点王:ウッズ(村田)

最優秀防御率:佐藤or川上(黒田)
最多勝:川上(黒田)
最多奪三振:川上(井川)
最優秀救援投手:岩瀬

と。これらは絶対他球団が阻止してくる
だから、中日へのマークより、自分たちの個人の選手に力を入れるはず
だから、優勝は近くなるかも。

終盤、川上と黒田のデットヒートは見もの。

横浜の牛島監督が退団するそうです。
外者ということもあり、あまりフロントが補強に手を貸してくれなかったって感じが強いですが、最下位ながら厄介なチームを作ったと思う。

フロントが続投を要請し続けていたから、続投すると思ってた。

吉村、村田を台頭させ、那須野などの投手も成長させた。

若手の積極起用が、いい風に出ていたと感じた。

また、解説が聞けるのかなぁ。。。

参考記事


次回予告!“各選手の開幕前の目標は達成されたか”をお送りします。



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/29(火) 11:51:07|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

8/27 ベテラン奮起!竜連敗ストップ
久々にパソコンから更新します。
ちょっと間が空きましたが、またしっかり書いていこうと思っています。

20060828140224.jpg


昨日はナゴヤドームに観戦に行きました。

4連敗中だし、そろそろ勝つだろう、的なノリで野球部の方とドラゴンズ応援席で観ました。

今日は観戦記と題していきたいので、観戦した感想を率直に語りたいです。

まず、感じたことは今名古屋は優勝に向けてかなり熱いこと

5月の西武戦と同じ席でしたが、熱さが格段に違いました
優勝ムード満点でした。

応援も東京などのドラ党のビジター応援を取り入れるなど、新鮮さもあり、かなりよかったです。

首位チームだから当然かと思われますが、こういった印象を受けるのは初めてなので、勘弁です。

試合は拙功が続いてまた負けかな、と思いましたが、自分がもっとも期待していた『優勝チームにはベテランの力が必須』というのが見事に再現された試合でした。

前日に平田がデビューし、その日はスタメンもあるんじゃないかと大いに期待しましたが、井上でした。

井上は打たなかったけれども。

まぁ、観に行った感想としては立浪同点打を打ったことが本当にうれしい。
昨日は谷繁5打点立浪1打点と全得点をベテランがたたき出したいい試合でした。

久々に立浪笑いました

20060827-04670599-jijp-spo-thum-001.jpg


もっとこの人の笑顔が見たいですね。

福留、ウッズらの中軸のあたりが止まったことは気がかりですが、まぁなにより連敗ストップで一息です。

昨日の試合結果は?

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
横浜 0 0 0  2 0 1  0 0 0 3 10 1
中日 0 2 0  0 0 1  3 0 X 6 9 0

勝利投手 [ 中日 ] 平井(5勝3敗0S)
敗戦投手 [ 横浜 ] 山北(1勝1敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗33S)
本塁打
[ 横浜 ] 吉村 22号 6回ソロ

バッテリー
[ 横浜 ] 山口、牛田、山北、木塚、ソニア ? 鶴岡
[ 中日 ] 佐藤充、平井、岡本、岩瀬 ? 谷繁


さて、昨日の試合で毎月観戦が達成されました。
各月の試合結果は?

4月1日 VS広島 勝ち 先発:マルティネス
5月24日 VS西武 負け 先発:マルティネス
6月8日 VSロッテ 勝ち 先発:佐藤充
7月29日 VS巨人 勝ち 先発:マルティネス
8月28日 VS横浜 勝ち 先発:佐藤充

4勝1敗。なかなか自分、勝ち男ですよ。
じゃなくて、中日がナゴヤドームに強いだけですね。
これで負けが先行してたらよほどの負け男ってことです。

でも、5回観に行ってマルティネス3回、佐藤2回はつまんないですw
自分と同じ日に観戦される方がいたら、連絡ください。
高確率でマルティネスをご招待します。
でもやっぱ川上とか中田とかマジ観たいですね。

9月は行く予定ありません。
10月の日本シリーズを狙います。



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/28(月) 14:16:50|
  2. 観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8/26 竜の夏休み。足踏み
都合により携帯からです。

昨日も横浜に4ー0と完敗し、貯金が25に減った。

阪神も中日の足踏みに手を添え、マジックは1つずつ減っている。

この連敗はまぁ、自分の中でも予想はしていた。
ここまでが順調すぎたということ。

大きな連敗なく、貯金を増やし続けた一方、やはり疲れが募っていったんじゃないかと思う。

4連敗中も投手陣はそこそこの調子である。といっても、先発は打たれるが中継ぎが踏ん張るからのそこそこであるけれども。

打線が夏休み中。
チャンスというチャンスをおもしろいようにつぶしていく。

昨日もウッズは打てなかった。
ただ、点がほしいあまり淡白になってる気もする。

1回の荒木の6試合ぶりのヒットをあっさり盗塁死した、など。

ベテランの川相はこの連敗を予想し、こういった連敗をどう乗り切るかをカギとしていた。

長期に渡り優勝を経験してきたベテランならではの予想である。

川相の言う通り、ここをどう乗り切るかで本当の強さは見えてくると思う。

今日は観戦に行きます。
先発は佐藤かな。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/27(日) 13:24:40|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8/25 マジック減るも、竜3
携帯からお送りします。

夏休みは余裕もってブログを更新できますが、学校があると厳しいですね。

2学期からどうしよう。

昨日は久々の3連敗でした。確か5月の西武、ロッテ戦以来。中日が今までどれだけ安定した戦いをしてきたかがよくわかります。

しかし阪神も一緒に負けて、マジックは28になりました。

阪神は甲子園に戻ってきたのに、落ちつきませんね。

中日は前の巨人戦からちょっと変ですね。チャンスにめっきり打てなくなってきました。

荒木が芯は喰ってるのにヒットがでないという厄介な不振に陥ってます。

ヒット1本出れば、変わると思いますが…。

昨日のマルティネスは味方がチャンスに無得点だった直後に打ち込まれました。

制球がバラつき、それが功をそうしていましたが、長く持ちませんでした。

マルティネスは久しく白星がついていません。

中里の調子がいいだけに、いい加減勝たないとマズいですね。

今日の先発は山本昌、苦手の横浜相手に連敗ストップなるか、注目です。

  1. 2006/08/26(土) 14:54:36|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8/24 川上まさかのKO!!竜連敗。
1勝1敗で迎えたヤクルト3連戦の3戦目。
このところ、ここまで好調だった荒木森野がやや不調になり、得点力が下がっている。
ナゴヤドームでの試合なので、投手陣が少ない得点を守り抜くことが必要とされる。

【今日の試合】

中日×ヤクルト(14回戦)inナゴヤドーム

【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 中 英智
8番 捕 谷繁
9番 投 川上

先発はなんと川上
中5日での登板

予想していたマルティネスが事実上の先発降格か!?
とすると、日曜日に中里あたりの先発も予想できる。
が、あえてこのヤクルト戦3戦目を重要視したとの見方もできる

一方ヤクルトは石川。

【今日のハイライト】

川上は上々の立ち上がりだった。
3回まで両チーム無得点。

しかし!!

<4回表・投手:川上・0?0>

先頭のリグスにいきなり2-ベース。
岩村を三振に取るが、川上に相性のよいラミレスが内角をうまくさばいて、先制の2ランを放つ。

<5回表・投手:川上・0?2>

川上が完全に捕まってしまう。

2死からリグスにタイムリーを浴び、岩村をフルカウントから歩かせてしまい、またもラミレス。
そして、ラミレスに2点タイムリーをセンター前へ打たれてしまう

川上は5回5失点。
別に特に悪いというわけでもないように感じたが、ここぞでの粘りのなさ、ラミレス1人にやられたという感じ。

<7回裏・投手:花田・0?5>

アレックスが今日3安打目のソロホームランをレフトスタンドへ。
打率も急上昇
しかし、4点差。

<9回裏・投手:館山・1?5>

井上
がヒットで出塁も、代打高橋光が凡退し、敗戦。
今月1日、2日以来の連敗を喫した。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
ヤクルト0 0 0  2 3 0  0 0 0 5 11 1
中日  0 0 0  0 0 0  1 0 0 1 10 0


勝利投手 [ ヤクルト ] 石川(9勝7敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 川上(14勝3敗0S)

本塁打
[ ヤクルト ] ラミレス 20号 4回2ラン
[ 中日 ] アレックス 12号 7回ソロ

バッテリー
[ ヤクルト ] 石川、花田、館山 ? 福川
[ 中日 ] 川上、デニー、久本、鈴木、中里 ? 谷繁

※参考:Yahoo!スポーツ

【ちょっと笑い話】

今日のNHKBS放送、解説は今中慎二だった。
その今中氏が、ラミレスの先制ホームランの直前に「ラミレスは今年中日戦でホームランないんですよ」と言い、実況者が調べている際にラミレスがホームランを放ち、なんとも言えない空気になった。
今中氏は「余計なこと言いましたね」とのこと。

CBCのテレビ放送では、解説の佐々木恭介氏が、アレックスのホームランの直前に、「アレックスはヒット打っていますがダメですね」的な発言をし、直後アレックスがホームランを放った。

【レビュー】

14勝2敗のエースに責任を押し付けるのは酷か。
しかし、取られたはいけない所で余分に点を与えたことは反省材料
ラミレスに2点タイムリーを浴びる前の、岩村の四球は痛かった。
あそこでもう少し粘ってほしかった。

球のキレなどは、川上のふつうな調子だった。
ただ、ヤクルト打線がラミレスを中心にして、攻略しただけといっていいと思う。

打たれるのは仕方ない。

ただ、今日は4番ウッズが大ブレーキになった。

ウッズは今日3打数2三振

初回の2死3塁のチャンスに三振
4回の第2打席に三振
そして、6回に井端、福留が連打で作ったチャンスにサードゴロ併殺打

いいところナシの1日だった。

今日ウッズが打っていれば、試合はわからなかったかもしれない。

もっとも、6回の併殺打なんかは初球を打ってしまい、最悪の併殺。
1点も入らなかった。

昨日は2安打2打点で孤軍奮闘とはいえ、今日はいただけなかった。
まぁ、今年は去年よりはいいので、あまり攻めない。

中継ぎ陣の層の厚さは相変わらず。
デニー、久本、鈴木、中里とそろって無失点。
負け越しはしたが、ヤクルトとの戦力差、チーム力の差を見せ付けたことが、収穫か。

【記録】

川上3敗目(20勝まで後6勝)
・中日今月2日以来の連敗
・阪神負けてマジック29
川上防御率急降下。2.11に。(広島黒田は1.93)


【順位表】

1位 中日29(負けても減り続ける)
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明日の予想先発】

中日:山本昌orマルティネス
横浜:門倉?

【その他の試合】
(24日午後22時時点)

横浜 10 - 6 巨人

広島 3 - 2 阪神

西武 4 - 4 ロッテ (延長戦)

オリックス 3 - 2 ソフトバンク

楽天 1 - 13 日本ハム

広島ブラウン監督には今度はいくらの罰金が科せられるのでしょうか・・・。

ランキングがかなり順調に落ちてしまいました。
1つずつ、1つずつ落ちてけっこうショックです。

応援お願いします。よかったら押してください。 [8/24 川上まさかのKO!!竜連敗。]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/24(木) 22:12:00|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

8/23 竜粘るも惜敗、ホーム連勝止まる
最近のナゴヤドームに観戦に行っている人は、ラッキーですよね。
負けませんから。

野球において不思議な言葉に「連敗中のチームほど怖い」とあります。
まぁ、8連敗中のチームがあったとして、8連敗中のチームが相手だと言っても、8連敗もしてるからそろそろ勝つだろう、的な気持ちがあり、8連敗中のチームが連敗を止める、みたいな。

だから、主催試合13連勝中はそろそろ負けるということかもしれません。
かなり弱気な発言ですがw
まぁ、そう思ってればいつかは当たることですw

【今日の試合】

中日×ヤクルト(13回戦)inナゴヤドーム

【今日の先発オーダー】


1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 朝倉

今日は予想が外れて、朝倉とゴンザレスの投げ合いだった。

朝倉自己最多タイの11勝目を目指す。
ゴンザレスは昇格後即先発。

【今日のハイライト】

今日は朝倉が悪かった。

<1回表・投手:朝倉・0?0>

朝倉はいきなりピンチを迎える。
2死アウトをとった後、5番宮出に先制の2点タイムリーを打たれる。

<3回表・投手:朝倉・0?2>

1回同様に青木を出し、リグスにもヒットを打たれ、ラミレスに痛恨の1球。
2点を追加された。

<4回裏・投手:ゴンザレス・0?4>

ウッズがライトスタンドへウッズらしい、一発を放ち、1点を返す。
ドーム内は3点ビハインドなのに、3点リードのような雰囲気。
<6回表・投手:ゴンザレス・1?4>

2アウトからの得点。
福留がヒットで出塁。
そして、またまたウッズが打つ。
しぶといバッティングでレフト前にタイムリー。
2点差。

<7回表、8回表・投手朝倉⇒鈴木・2?4>

今日は鈴木が株を上げた。
7回ピンチでマウンドを朝倉から受け、見事に断ち切った。
これで流れが変わると思ったけど・・・。

<9回裏・投手:木田⇒高津・2?4>

中日は粘る。
先頭の福留がいきなり2塁打

ウッズが打ち損じてセンターフライ
↓(福留タッチアップで3塁へ)
森野がショートゴロに倒れる。その間に1点

アレックスに四球、そして井上も歩かせて2死1塁2塁のチャンス。

打者谷繁に代打、高橋光
ヤクルトは高津投入。

見ごたえあるシーン。
何より、1発を打たれたらオシマイという緊張感の中、高津が勇気あるピッチングを続けた。
最後は5球目に86キロの遅球を打ち上げ、ゲームセット。

ホーム連勝は13でストップ。ナゴヤドーム連勝も10でストップ。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
ヤクルト2 0 2  0 0 0  0 0 0 4 10 0
中日  0 0 0  1 0 1  0 0 1 3 5 1

勝利投手 [ ヤクルト ] ゴンザレス(5勝6敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 朝倉(10勝4敗0S)
セーブ [ ヤクルト ] 高津(1勝2敗4S)
本塁打 [ 中日 ] ウッズ 32号 4回ソロ

バッテリー
[ ヤクルト ] ゴンザレス、木田、高津 ? 福川
[ 中日 ] 朝倉、鈴木、中里 ? 谷繁

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

今日はゴンザレスに完全に抑えられた。
ゴンザレス降板の8回までにヒットは福留の2安打とウッズの2安打のみ。
主軸が打っただけでは、点は入らないよという感じだ。

ながらも、1点ずつ返していき、ヤクルトにプレッシャーを与えていったのも事実。9回にはいやらしい粘りも見せた。
まぁ、攻略法がなかった、ということ。

朝倉は、直球、変化球とキレに欠け序盤に4点を失った。
最後までいっぱいいっぱいという感じだったが、まぁ大量失点しなかった点、成長したのではないか。

今日の収穫は鈴木中里

中里は9回の1回を投げ、2三振を奪う好投。
テレビで球を見て、改めて素質の高さを知った。
高めで三振が取れる投手ほど、恵まれた投手はいない。
今日の2三振はすべて高め直球だった。
ケガさえなければ、来年ローテも可能なんじゃないかなぁ。

【記録】

・中日ホーム連勝ストップ
福留3安打。打率.364。

【順位表】

1位 中日30
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明日の予想先発】

中日:マルティネス
ヤクルト:石川

【その他の試合】

横浜 1 - 3 巨人

広島 8 - 3 阪神

楽天 6 - 9 日本ハム

西武 7 - 3 ロッテ

オリックス 2 - 6 ソフトバンク

広島ブラウン監督また退場らしいですね。
トラブルメイカーだなぁ?
今度はどんなTシャツ作るんだろ






テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/23(水) 22:23:17|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

8/22 竜継投キラリ☆アレックスサヨナラ打
昨日は、高校野球明けのペナントレース。
高校野球効果でプロも見てみるか・・・という人はあまりいないようです。
中日は着実にマジックを減らしています
では昨日の試合を。

【昨日の試合】

中日×ヤクルト(12回戦)

【昨日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 中 英智
8番 捕 谷繁
9番 投 中田

先発は自身ドーム8連勝中とホーム大好きな中田
対するヤクルトは夏場に調子を上げてきた石井一。

【試合経過】

中田は序盤から三振の山を築く。

<4回裏・投手:石井一・0?0>

中日はウッズがヒット、森野凡退、アレックスヒット、英智凡退と、ヒットとアウトが交互にきて、次打者谷繁

順番どおり、ヒットを放ってくれて先制
中日はホームで先制した場合、高い勝率を誇る。

<5回裏・投手:石井一・1?0>

先頭の荒木がエラーで出塁。
ヤクルトはこの試合5失策とボロボロだった。
井端が送って、最高の形で福留だったが、凡退。
ウッズもレフトフライに倒れ、2アウト。

しかし、規定打席不足ながら得点圏打率4割を誇る森野があと1メートルでホームランというフェンス直撃のタイムリーを放ち、2点リード。

<6回表・投手:中田・2?0>

中田にとっては鬼門の6回。
中田は6回に崩れるケースが多い。
序盤から三振の山を築き、尻上がりの投球で迎えた6回。
先頭の青木を安打で出し、2番リグス。
4球目の高め直球をライトスタンドへ運ばれ、あっさり同点になってしまう。
ヤクルトは8回にラミレスのラッキーなヒットがタイムリーとなり、勝ち越し。

中田は8回を投げ、被安打7、奪三振12、失点3でマウンドを降りた。

<9回裏・投手:高津・2?3>

ヤクルトは1死から井端をエラーで出す。
この日3つ目のエラー。
さらに、井端が盗塁を試み、捕手米野の送球が悪送球となり、ノーヒットで3塁

そこで、その日完璧に抑えられていた福留がきっちりレフトに犠牲フライを放って、同点。延長戦へ。

<延長ヤクルトの攻撃・投手:岩瀬⇒岡本⇒平井>

中日リリーフ陣最強の3人が、ヤクルト打線を完璧に封じ込める。
人は平井が許した1つのみ。
磐石のリリーフ陣が勝ちを呼び込んだ。

<12回裏・投手:五十嵐・3?3>

一方の中日も打てない。
ヤクルトリリーフ陣の前にチャンスを作れず、12回。
アウトと四球が2回続き、2死2,3塁。
福留が四球で出た際、藤井が代走で出て、盗塁した際に、またもヤクルト捕手米野が悪送球。
それにて、2,3塁になった。
ヤクルトは5つ目のエラー。

ヤクルトはあと1アウトで引き分けだったが、中日は強かった。
アレックスがタイムリーを放ち、サヨナラ
球団新記録のホーム13連勝を飾った。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9  1011 12 安 失
ヤクルト0 0 0  0 0 2  0 1 0  0 0 0 3 9 5
中日  0 0 0  1 1 0  0 0 1  0 0 1 4x 9 0

勝利投手 [ 中日 ] 平井(4勝3敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 五十嵐(1勝2敗1S)
本塁打 [ ヤクルト ] リグス 29号 6回2ラン

バッテリー
[ ヤクルト ] 石井一、館山、高津、木田、五十嵐 ? 米野
[ 中日 ] 中田、鈴木、久本、岩瀬、岡本、平井 ? 谷繁

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

落合監督の言うとおり、ヤクルトに勝たせてもらったといっても過言じゃない。
ただ、昨日は数字上からも首位チームと3位チームの差がはっきり出た

それはさっきからも取り上げてるエラーの数。
エラーが5というのは草野球並みの数字だが、エラーをしたポジションに絶対的な違いがある。

昨日のヤクルトのエラーは-

遊撃手・田中浩2つ
二塁手・三木1つ
捕手・米野2つ

お分かりだろうか。
野球でもっとも重要とされるセンターラインにコレだけの穴があいたのだ。
これでは、勝てない。
まぁ、これだけエラーしてもらって点が入らなかっただけ、ヤクルトはラッキーだったというか。

まぁ、両方とも正レギュラーではないけども。
正レギュラーである宮本、ラロッカは離脱中だが、この2人も今年守備がいいとはいえない。
宮本が8つ、ラロッカが10。

やはり、センターラインが重要だったのではないか。
谷繁の守備率はリーグトップの.999という驚異的な数字である。

野球はセンターラインが大事だとよく言うが、昨日はそれを実感した。

あと、積極的な走塁
常に次の塁を狙う姿勢が昨日は多く見られた。
それが功を奏した気もする。

福留の代走藤井は頭脳的だった。
足の速い福留をわざわざ変えての藤井だから、投手はプレッシャーがかなりかかる
それを生かしたなって感じた。


【記録】

アレックス来日2本目のサヨナラ打
・中日のホーム13連勝は球団新記録。日本一になった1954年の記録を塗り替えた。


【順位表】

1位 中日31
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【今日の予想先発】

中日:マルティネス
ヤクルト:石川

【その他の試合】

横浜 1 - 3 巨人

広島 5 - 4 阪神

楽天 3 - 10 日本ハム

西武 10 - 2 ロッテ

オリックス 0 - 1 ソフトバンク














テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/23(水) 11:26:19|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8/21 熱戦に幕?早稲田実業の夏?
wasedayuusyou1.jpg


高校野球、夏の甲子園、37年ぶりの決勝戦再試合を経て、2日連続の2回目の決勝戦が行われた。
まれに見る打撃戦が目立った、この大会にすばらしい投手戦で締めくくった2人の右腕。
駒大苫小牧高校・田中と早稲田実業の斎藤。
この2人の右腕の必死に投げる姿に日本中が心を打たれたことは言うまでもない。

これほど高校野球に夢中になったことはない。
この夏は高校野球というものを深く知った気がする。

早稲田実業は10年ぶり27回目出場。
1回戦の鶴崎工(大分)、2回戦強豪・大阪桐蔭(大阪)に快勝。
勢いに乗って福井商(福井)、日大山形(山形)、鹿児島工(鹿児島)を降して26年ぶり
の決勝へ。20日の決勝戦は延長15回1-1で決着せず、大会規定により37年ぶりの引き分け再試合となった。。。
大会初戦から実に7試合を戦った。
OBには80年準優勝投手の荒木大輔、それに現・ソフトバンク監督の王貞治がいる。
エースは今大会でいちやく有名となった斎藤佑樹。
常に表情1つ変えず、クールな姿勢で全アウトを取った。
持ち味は、本人も自信をもつ制球力の高さとキレ味鋭いスライダー。

waseda-saito1.jpg


青いハンカチタオルが印象深い斎藤。
優勝後のテレビなどでの特集では、彼の家庭状況なども特集されていた。
やっぱり、素顔は18歳の高校3年生という感じだった。

決勝がまさか決勝再試合になるとは思わなかった。
この決勝再試合は両校が優勝に向かって必死に戦う姿勢が世間の心を打たせたように思う。

決勝戦で1-1で再試合と聞けば、誰もが驚くだろうが、それ以上に内容が濃すぎる。
打撃戦だった今大会を締めるにふさわしい投手戦。
タイプは異なるが、人々の心を打つ2人の右腕。
そして、さすが決勝戦とうならせる、両校のチーム力。

再試合は、連投での疲れのことから少しは多く点が入ると思っていたが、4-3とまたまた投手戦だった。

9回表のドラマは驚いた。
駒大苫小牧の3番中沢が2ランを放ち、1点差に迫り粘りの苫小牧が姿をあらわした。
しかし、その粘りを上回る粘りを持っていたのが斎藤だった。

最後の打者が田中というのがもう最高にしびれるドラマだった。

斎藤の投球術はすでにプロの域だと思う。
完成度としては田中の方が上。
田中は体も出来てるし、高卒でのプロ入りが予想される。

斎藤は上原2世だと個人的に思っているけど、自分だけかな?

駒大苫小牧の3連覇も見てみたかった。
優勝旗を2つ作ってでも両校に勝たせてあげたかった気がする。

どちらが勝ってもおかしくない試合で、影の力となったのは応援だと思う。

全国中が斎藤と田中の投球に注目を集める中、斎藤の存在が目立った。

テレビ観戦でわかるほど、早稲田実業への声援が目立った。
駒大苫小牧の時も、もちろん歓声が沸くのだが、早稲田実業への歓声は一声違った。

そんな中、必死に投げ続ける田中に心を打たれた気がする。

どちらが、格好いいんだろう。

表情1つ変えずに、クールな姿勢で打者を翻弄する“柔”の斎藤か。
歯を食いしばりながら、チームを引っ張り続けてきた“剛”の田中か。

98年の松坂以来の甲子園フィーバーだった。
98年は松坂のための大会みたいなもので、松坂ひとりが目立ったが、今大会は見直せばとても印象深い試合だった。

決勝戦をはじめてみて、高校野球に興味がおこった人その大会の1回戦などにも興味を持つだろうし、プロ野球への関心も高まるんじゃないか。

やっぱり、サッカーより野球だなと改めて痛感した。
高校サッカーはここまで騒がれない。

2大エースには本当に感動した。
駒大苫小牧の主将本間篤の涙も印象深かった。

この2試合は本当によかった。
球史に残る、記憶にも残る試合だった・・・。




[8/21 熱戦に幕?早稲田実業の夏?]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/22(火) 09:44:51|
  2. 高校野球
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今週のドラゴンズ
今週はナゴヤドームで夏休み最後の6連戦。
来週には阪神戦も控えているので、それも意識して6連戦、確実に勝っていきたい。

【今週の日程】

22日(火)VS東京ヤクルト
23日(水)VS東京ヤクルト
24日(木)VS東京ヤクルト

25日(金)VS横浜
26日(土)VS横浜
27日(日)VS横浜

※いずれもナゴヤドームで18時試合開始


【予想先発】

22日 中田? ガトームソン
23日 マルティネス?石井一
24日 朝倉?石川

25日 川上? 那須野
26日 山本昌?門倉
27日 佐藤充?牛田

【気になる数字】

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと3勝
佐藤充?あと1
マルティネス?あと4勝
朝倉?15勝まであと5勝
川上?20勝まであと6勝

残り試合が44試合。ソレを6で割ると、一人7試合あと登板があると考えれる。
一人あたり7試合と考えると、二ケタ可能な選手、不可能な選手が見えてきた。
中田は厳しそう。
山本昌は十分に可能
佐藤充も可能。
マルティネスが際どい。
最後までローテを守れるかすら不安。

【今週のポイント&見どころ】

久々の6連戦となり、ローテ投手全員の登板が予想される。
マルティネスが中継ぎに回ることが多かったが、先発復帰で勝ちたいところ。
マルティネスは投球回数が94と、後退している。
個人的には、規定投球回を突破し、来季に向けて大きな自信をつけてほしい

今週は、ヤクルト、横浜とプレッシャーはかかりにくい試合になりそう。
ナゴヤドームということで、投手陣の飛躍が期待される。
4勝2敗、5勝1敗と一気にいって、マジックを減らしたい。
打撃陣は調子としては悪そう。
井端が落ち着かない。
優勝にはベテランの力が必須である。

そろそろスタメンで名前が聞きたい、立浪和義の名を。 [今週のドラゴンズ]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/21(月) 14:04:40|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8/20 佐藤充10勝目お預け、竜巨人戦連勝ストップ
3連勝中と負けない日々が続く中日。
対巨人戦に関しては11連勝中。

【今日の試合】

巨人VS中日(18回戦)東京ドーム

【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 佐藤充

今日の先発は佐藤充。10勝目を狙う。
10勝目を手にすれば、ほほ新人王は手中。
対する巨人は若き左腕エース内海。

【今日のハイライト】

中日は内海の前に沈黙。4回まで無安打に抑えられる。

<2回裏・投手:佐藤充・0?0>

1死後、まさかの事態。

5番小久保がセンターに際どいライナー性の当たりを放つ。
センター福留がダイレクトに捕りにいくも、捕れずになんと後ろにそらしてしまう
打球は転々とし、フェンスに当たり小久保は3塁までいく。(記録はワンヒット、ワンエラー)
阿部を抑えて、2アウトをとるが、二岡に先制タイムリーを浴びる。
さらに次打者矢野にもヒットを浴び、打席には投手の内海。
しかし、佐藤充は投げ急ぎ、初球を痛打され、2点目を与える。

<5回表・投手:内海・0?2>

中日が初ヒットから最高のチャンスを作る。
アレックスが初安打し上もヒット、谷繁四球で、ノーアウト満塁。

ここで打者には佐藤充
下手に打たせて、ダブルプレーは最悪なので、制球の乱れかけた内海に四球を狙わせる作戦だったが、三振
ワンアウトとなり、打席には荒木
しかし、最悪のダブルプレー。

中日はまさかのノーアウト満塁で無得点。

<8回裏・投手:岡本・0?2>

岡本が打ち込まれ、二岡に3点目を献上。
1失点でなんとか食い止めた。

<9回表・投手・高橋尚・0?3>

井上が今日3安打目となるホームランをライトスタンドへ。
昨日2安打、今日3安打と当たっている。
井上の孤軍奮闘空しく、中日は拙攻で敗戦。

井上が1点挙げなかったら、7月2日、広島戦以来の零封だった。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日 0 0 0  0 0 0  0 0 1 1 6 1
巨人 0 2 0  0 0 0  0 1 X 3 12 1

勝利投手 [ 巨人 ] 内海(9勝10敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 佐藤充(9勝2敗0S)
セーブ [ 巨人 ] 高橋尚(1勝3敗7S)
本塁打
[ 中日 ] 井上 5号 9回ソロ

バッテリー
[ 中日 ] 佐藤充、平井、岡本 ? 谷繁
[ 巨人 ] 内海、高橋尚 ? 阿部

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

今日は巨人に中日の野球をやられた感じ。
これまで攻守に引っ張ってきた福留を攻めることは出来ない。
福留のエラー絡みで失点したが、5回裏のピンチで犠牲フライになるかと言う打球をレーザービームで3塁走者脇谷を刺した。
超スーパープレーだった。
捕ってから送球までが早い早い。
このプレーで1点を防いだのだから、2回の1点は目を瞑りたい

福留の打席を見て、構えでおかしいと思ったことが個人的にある。
それは、上体がやや後ろにいってること
構えの時点で。打ってる最中とかはわからないけど、構えのことだから、野球を見てる自分には発見できた。
それのせいで、打球がきれいに飛んでいない気がする、ここ2試合。

今日は内海の前に11三振
内海がよかったと言うしかない。

佐藤充調子が悪いときでも試合を作れる川上を目標にしているようで、今日はそれができたようで、納得のコメントを残した。
次回こそ、二ケタに乗せてほしい!

巨人戦の連勝は11でストップ。
来週からはナゴヤドームで6連戦。

夏休み最後のホームゲームで、一気にVロードをひた走りたい。

【落合監督のコメント】

「オレが悪い。勝てる試合を落とした。自分に腹を立てている。一生、悔いが残る。忘れられないな、このゲームは」

原因はわからないけども、このようなコメントを残しました。
ウッズのハーフスイングか?
それとも5回の佐藤充への指示か・・・?


【記録】

福留のエラーは実に2年ぶり


【順位表】

1位 中日33
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【その他の試合】

ヤクルト 3 - 8 阪神

横浜 6 - 3 広島

西武 3 - 2 ソフトバンク

ロッテ 0 - 3 日本ハム

オリックス 3 - 4 楽天

阪神勝っちゃったので、マジックがはじめて変動なしです。


【明日の甲子園】

今日の決勝は球史に残る1戦となり、明日再試合になった。
延長15回ドロー・・・。
両方に優勝旗をあげたい。

明日の決勝は1時から!どっかのテレビ局にて!(たぶんNHKかメーテレ)

[8/20 佐藤充10勝目お預け、竜巨人戦連勝ストップ]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/20(日) 21:36:42|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

8/19 まさに死角なし!!竜、脅威の貯金29!!
今日の見出しはうまくかけました

昌に死角がない、という意味と、中日優勝にまさに死角なし!という意味合いが込まれています。

ちなみに、冒頭文の“かけました”は“書けました”と“意味合いをかけました”の2重コンボです。

いい気分で記事が書けますw

【今日の試合】

巨人VS中日(17回戦)東京ドーム

立浪、ウッズの37歳の誕生日。
立浪は代打で出場もニゴロ。


【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 小田
9番 投 山本昌

先発は中日が山本昌、巨人がグローバー。
山本昌は今年二ケタ勝って、来年で200勝決めるためにも勝てる試合は勝っておきたい。

今日は小田が昨日2本塁打の谷繁に変わってスタメンマスク

【今日のハイライト】

3回まで両チーム無得点。
若干、山本昌のほうがよかった。

<4回表・投手:グローバー・0?0>

ウッズ安打、森野2塁打、アレックス四球であっという間にノーアウト満塁の大チャンス。

ここで今日スタメン抜擢の井上が期待に応え、2点タイムリーを放つ。
まさに適材適所。

5回裏巨人、チャンスに無得点。

<6回表・投手:グローバー・2?0>

先頭森野がグローバーの投じた初球、ど真ん中高めにきたストレートを見逃さず、痛打、第6号のソロで加点。

<6回裏・投手:山本昌・3?0>

山本昌今日最大のピンチ。

ノーアウトから連打を浴び、ノーアウト1塁3塁でクリーンアップ。
高橋由、李スンヨプ、小久保の3人。
1発を備えた3人、ホームランで同点のこの場面。

巨人は1点も山本昌から奪えなかった。

巨人、今日1番の敗因。

<9回裏・投手:岩瀬・3?0>

は完封は逃したが、岩瀬につないで完封。
8回を6安打、無失点とナイスピッチング。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日 0 0 0  2 0 1  0 0 0 3 9 0
巨人 0 0 0  0 0 0  0 0 0 0 7 0

勝利投手 [ 中日 ] 山本昌(7勝6敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] グローバー(3勝6敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗32S)
本塁打 [ 中日 ] 森野 6号 6回ソロ

バッテリー
[ 中日 ] 山本昌、岩瀬 ? 小田、谷繁
[ 巨人 ] グローバー、林、久保、豊田 ? 阿部

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

今日福留3打数無安打
昨日はチャンスにことごとく、福留
それにて、得点を重ね、勝利。

今日の試合はまるで「福留が打てなくても勝てるんだよ」といわんばかりの内容。
7番スタメンの井上が見事に期待に応えて、先制打を放った。
今日ののできなら、この2点でよかったかもしれないが、6回には森野がダメ押し。
実に効率のよい得点で、巨人を零封し、圧倒した。

これぞ、ぶれない強さ。

6回裏の巨人大チャンスに倒れた主軸3人の責任は重い
ここまで孤軍奮闘の李とケガから復帰2日目の小久保を攻めることは出来ないが、3番高橋由、あと5番に阿部または二岡を入れなかった監督は攻められるのではないか。

若い2人が作ったチャンスを主軸、主力が崩した。
歯車はかみ合わないのか・・・。

【記録】

・中日、巨人戦の連勝11に
山本昌7勝目。通算187勝


【順位表】

1位 中日33
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明日の予想先発】

中日:佐藤充
巨人:内海

【その他の試合】

ヤクルト 4 - 10 阪神

横浜 11 - 9 広島

西武 8 - 1 ソフトバンク

ロッテ 5 - 6 日本ハム

オリックス 3 - 5 楽天

【明日の甲子園】

3連覇を狙う北海道駒大苫小牧王監督に捧げる初優勝早稲田実業か。
両エースの右腕にも注目。




[8/19 まさに死角なし!!竜、脅威の貯金29!!]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/19(土) 22:44:42|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

8/18 竜、投打に巨人を圧倒、対巨人戦10連勝の珍事
パソコンが復調と言っていいんでしょうか。
多少読み込みが遅いのは、全部FC2の重さのせいにします。

今日から巨人と東京ドームで3連戦です。
中日は対巨人戦9連勝中とボコボコにしています。
しかし、今日から巨人には小久保主将が帰ってきます。
小久保選手のコメントには「意地をみせたい」とありました。
意地を見せられて、足踏みするわけにいきません

【今日の試合】

巨人VS中日(16回戦)東京ドーム


【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 中 英智
8番 捕 谷繁
9番 投 川上

今日の先発は、川上
これも予想通りですね。
相手は上原。
なんでも、松坂を抜くドラフト制度後最速の100勝がかかっているとか。

川上と上原の対決は9度目。

今日は日テレの全国放送ですし、見た方も多かったのでは?

【今日のハイライト】

2回までは両チーム0行進。
両エースなかなかの立ち上がり。

<3回表・投手:上原・0?0>

先頭の川上が安打で出塁し、荒木が初球できっちり送る。
打者井端が安打を放ち、1塁3塁。

ここで、首位打者福留。上原のかわす投球をもろともせず、先制のヒットをレフトに流し打ち
ウッズ倒れるも、ここで5番森野。
得点圏打率4割の男が見事に期待に応えて、2点目を追加。

<3回裏・4回裏・投手:川上・2(3)?0>

川上が少し苦しみ始め、2アウト後から連打を浴び、ピンチを招き、球数が増えていった。
しかし、結果的には無失点

<4回表・投手:上原・2?0>

谷繁が上原の内角高めの難しい球をきれいに、うまくさばき、ライトポールギリギリに運んだ。第8号のソロ。

<6回表・投手:上原・3?0>

谷繁が今度はライトスタンドに第9号ソロ。
ライトフライかと思われた打球はグングン伸びていった

3回と同じように、川上が出塁、荒木送って福留にまた回ってきた。
そして、福留中前にタイムリーを放ち、ダメを押した。

<6回裏・投手:川上・5?0>

二岡が川上からソロ本塁打を放つ。
川上は6回1失点121球でマウンドを降りた。

<8回表・投手・鴨志田⇒前田・5?1>

福留が今日4安打目、3打点目となるタイムリーでダメダメ押し

<9回裏・投手・デニー・6?1>

平井?岡本?デニーのリレーで逃げ切り、中日が先勝。
川上は14勝目。
中日は対巨人戦の連勝を10とした。

【試合結果】
   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日 0 0 2  1 0 2  0 1 0 6 12 0
巨人 0 0 0  0 0 1  0 0 0 1 11 0

勝利投手 [ 中日 ] 川上(14勝2敗0S)
敗戦投手 [ 巨人 ] 上原(5勝7敗0S)

本塁打
[ 中日 ] 谷繁 8号 4回ソロ、谷繁 9号 6回ソロ
[ 巨人 ] 二岡 20号 6回ソロ

バッテリー
[ 中日 ] 川上、平井、岡本、デニー ? 谷繁
[ 巨人 ] 上原、林、鴨志田、前田、姜 ? 阿部

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

同じエース対決でも確実に違うことがあった。
それは、片方は首位チームをひた走るチームのエースで投手タイトル部門を独占する男、片や5位チームでエース奮闘といきたいが、空回りし本来の実力を疑わせてしまう男という点。

今日はエース対決だった。
当然、奪い合う点は限られてくる投手戦が予想されたが、上原は簡単に崩れていった。
上原は今季5勝。長いトンネルから抜け出せなかった時、どこかの評論家が「上原には粘りがなさ過ぎる」評した。

上原も川上出来はほぼ同じだったと思う。
ただ、中日打線が好調なのもあるが中日が点を重ねたため、上原が悪かったように扱われている。

川上は3回と4回に連打からのピンチを招く。
満塁もあった。しかし、ここぞで踏ん張りいずれも無失点で切り抜けた。

しかし、上原はピンチを招くと簡単に打たれてしまった。
中日がチャンスでおもしろいように、点をとった。
裏を返せば、巨人はピンチで打たれたことになる。

投手戦を期待していた巨人ファンはガッカリしただろう。

上原のドラフト制度後最速の100勝も、高橋由の1000試合出場も、小久保の復帰も実らず、巨人首位チームに意地を見せることは出来ませんでした。

【記録】

川上14勝目
福留打率.364厘


【順位表】 (8/18 22時15分時点)

1位 中日35
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明日の予想先発】

中日:山本昌
巨人:内海?

【その他の試合】

ヤクルト 11 - 11 阪神 (8/18 22時15分時点)

横浜 1 - 3 広島

西武 5 - 10 ソフトバンク

ロッテ 4 - 1 日本ハム

オリックス 2 - 4 楽天

現時点でマジックは35ですか。
怖いくらい着実に減っています。


[8/18 竜、投打に巨人を圧倒、対巨人戦10連勝の珍事]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/18(金) 22:26:58|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ガッツポーズの意外な由来
パソコンが絶不調なので、携帯からです。

今日新聞のあるコラムにガッツポーズの由来について書いてあるのを見て、ガッツポーズについて思った。

今、高校野球が熱い。毎日熱戦を繰り広げ、負ければ明日のない試合を繰り返す。
そんなプレッシャーを背負った高校球児たちが、その戦いにドラマを生み、多くのガッツポーズを出す。

高校野球なんかは1試合の重みがプロと異なり、勝ちに対する喜びは倍以上だと思う。

そんな勝ちをおさめたとき、チャンスで打てたとき、ピンチをおさえたとき、選手は拳を突き上げる。

それを見てる自分たちは、球児のガッツポーズから必死さや喜びをもらう。

そんなガッツポーズの由来はボクシングの元世界チャンピオンのガッツ石松氏が1974年の世界タイトルマッチで両手を挙げて勝利の喜びを表したときの姿を『ガッツポーズ』と表したのが始まりというのが有力説らしい。

(ほかの説だと1960年半ばに日本で起こったボウリングブーム時にボウラーがストライクをとった際に、とったポーズを当時のボウリング雑誌の名前から『ガッツポーズ』といったという説)

その2つの説がガッツポーズの由来だとしても、いずれもが現代スポーツに影響してるということ。
野球はもちろん、ゴルフ、水泳、テニス、バレーなど挙げたらきりがない、というよりガッツポーズを勝利の喜びの表現として使わないスポーツの方が少ないと思う。

ガッツポーズはあくまで、勝利の喜びを表すものと思うが、観てる側は、そのガッツポーズからいろいろな感情を抱く。
中日目線になるけど、野球でいうと、ガッツポーズで有名なのが川上投手だと思う。
自分は彼のガッツポーズから爽快感をもらう。

川上投手のガッツポーズが観たいというファンは少なくない。
自分の机には川上投手のガッツポーズの写真が飾ってある。
なんかやる気がわくというか、とても清々しいというか。

kawakami.jpg


まぁ、コレは投手の川上投手がホームランを放ったときの画像ですが。

ガッツポーズに関しては評論家から賛否分かれるそうだ。

けれども、自分は勝ちをおさめ黙って勝利を見届けるのではなく、全身を使って喜びを表現すべきだと思う。

そのガッツポーズ由来のコラムにはガッツポーズがスポーツ観戦の魅力アップにつながってるの締めたあった。

まさにそのとおりだな、と思った。 [ガッツポーズの意外な由来]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/17(木) 21:30:51|
  2. 野球コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8/16 朝倉の熱い夏、4年ぶ
パソコンの調子が悪く、やけに重いので携帯からいきます。
【昨日の先発】

井上がスタメン、2安打と応えた。
先発はまたも予想的中で朝倉だった。
カープは大竹。

【簡易試合経過】

1回表に福留、ウッズの連打で先制。

2回裏には1死1塁で谷繁が2ラン、3回裏にはアレックスねソロなどで序盤から中日ペース。

5回裏は井上の適時打、谷繁の犠牲フライで6点をあげた。

朝倉は10安打を浴びながらも粘って1失点完投。
4年ぶりの二ケタ勝利をあげた。

【試合結果】

広島1ー6中日

勝:朝倉
負:大竹

本:谷繁、アレックス

【レビュー】

中日は投打がうまくかみ合って快勝。マジックを37とした。
打の方では前日のうっぷんを晴らすような打棒。
しかし昨日のヒーローは朝倉だった。

被安打10、奪三振2、失点1と今年の朝倉を象徴する内容。
今年の朝倉は奪三振が極端に少ない。
完全に自分の投球を身につけた。
打たせて取る、という。

昨日はシュートが要所要所で見事にカープを苦しめた。

相手の打ち損じではなく朝倉の投球術によるもの。
また、狭い広島市民球場ということもあって見事に低め低めのピッチングだった。

これで朝倉の目標だった10勝目をあげた。
02年朝倉は11勝をあげたが、今年との数字で見る大きな差は、負け数。
02年は11敗貯金0、しかし今年はまだ3敗、貯金7を作り出している。
この数字はいかに今年の朝倉が優勝へ貢献しているかを示している。

8月で10勝。15勝も視野に入ってきた。
【記録】

・ウッズ94打点
・荒木、渡辺に失策・アレックス13試合ぶりの1発

【明後日の予想先発】

中日:川上
巨人:上原?

今日は中日移動日。
18日からの巨人戦では小久保が復帰するという。
すでに引導は渡してあるが、意地は見せられないようにしたい。
  1. 2006/08/17(木) 11:06:13|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

すべては歓声のために
2004年に日本球界は大きく揺れました。
ファンを無視した合併、ストライキ…。
そこから、ファンへのサービスが見直されることになりました。

2006年4月1日土曜日のこと。
セ・リーグ開幕戦第2戦です。

16時10分ごろ入場できたかな。

自分はある計画を立てていました。

自分は前から選手のサインがほしかったので用意よく色紙をとサインペンを持って観戦に行きました。

ナゴヤドームの内野フェンスは頑丈な上ファンが嫌がるタイプのネットが張ってあり、簡単には選手に色紙を手渡すことは無理なんです。
というより、100%無理。

で、策を練った自分は色紙にサインペンをクリップではさみ、クリップに紐を結び、ネットの下3センチのところから通して、色紙をぶら下げ選手にアピールしたんですね。

そこで、第一関門。
係員がネットから離れろ離れろうるさいんですね。
一応、他の客の邪魔にならない位置にいたんですが。
なにより、試合開始までまだ1時間以上ありますし。
だけど、まぁ座ってる客の目の前でネットにしがみつく子供もいるわけで、同犯扱いされ、何回もつまみ出されるわけです。

自分はこの作戦を絶対成功させたかったので係員が離れては挑戦しこっちに来ては逃げるを繰り返し戦闘していました。

で、係員が隙を見せ、大チャンスが生まれたのでストレッチ後のキャッチボール中のある中日選手に「○○さん、サインください!」って何回も言ったんですが、すべて見て見ぬふりされました。

自分に落ち度はなかったか・・・。
キャッチボール中というのは選手は嫌がるのか・・・。
と、自分に非がなかったか考えました。

サインをお願いし、シカトされる自分に同情してくれる竜党もいたし、大丈夫だとは思いました。
しかし。

ガッガリしましたね。
「ファンと選手の距離を短く」という課題が解消されたいないなと。

内野は諦めて、無理だとわかりながらも外野で同じことをしました。
すると、某外野手は自分に手を振って、「ゴメン無理」的な合図をしてくれました。
守備練習中だったし、練習のリズム壊すからやってから後悔したんですが、なんと手を振ってくれるとは。
まぁ、対応はさすがWBC金メダリストって感じでした。

内野でシカトされたときはだいぶショックでした。
最近放送されていないけども、「プロ野球好珍プレー」ってあるじゃないですか。
それで、たまに選手がファンに試合前サインしている姿に憧れて、策を練り、お願いした自分はなんだったんだろう、と。

SHINJOだったらどうだろう、というのも思いました。

今、福岡Yahooドームや、フルキャスト宮城では前方にネットのないいわば、米国風の内野スタンドがあります。
安全策はどうかしりませんが、すごくいいアイディアだと思うんですよね。

ファンと選手の距離がほぼ0になるから。
ファンが選手と同じ舞台にいる感覚になれる、そう思います。

ナゴヤドームではフェンスに近づくファンには徹底的に追い払う傾向があります。係員が。

落合監督就任後、確実に強い中日を作りました。
しかし、実力に伴わない観客動員数があります。

※過去5年の中日の観客動員数

01年(5位):2,421,000人
02年(3位):2,404,000人
03年(2位):2,336,500人
04年(1位):2,330,500人
05年(2位):2,284,400人

記者などは落合監督がどうだと言いますが、自分は球場に来づらいっていうのもあるんじゃないかと思っています。

今年、井上外野手が選手会長になりさまざまな改革をしています。
最近の中日にはなかった新鮮で、どれも井上会長の思いが伝わってくるファンサービスなのですが、1つ欠点があります。

それは、すべてのファン向けでないこと
というより、限られた年層の人だけ、満足できない場合があるという点。

まずは、子どもからのファン獲得が優先でしょうが、思ったのは自分向けにサービスがないな、と。

ひがんでるわけでもないんですけどwまぁ、これからのファンサービスに期待していますが、サインがほしいです、まったく。
でも、井上はすごいと思います。
電車内の広告とかマジ最高だと思います。

2軍戦ならもらえる、選手とファンの距離が近いと耳にしたため、先日ナゴヤ球場に行きましたが、なにも変わりませんでした。
ただ、自分が帰ったあとサイン会があったらしい・・・。

まぁ、全員がSHINJOになるのは無理ですけども、中日ファンとして、残念な気持ちにはなりたくないです。

お立ち台でも中日の選手はどことなく、暗い感じがします。
昌とかは違うんだけれども。

まぁ、「ファンサービスは見直されたのか」ということです。

意見等ありましたら、コメント欄にバシバシ書き込んでください。

[すべては歓声のために]の続きを読む

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/16(水) 17:26:28|
  2. 野球コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

8/15 強竜、お盆休み?でも勝ちたかった?
昨日は終戦記念日
いちおう、中日と広島ブラウン監督のケンカにも終戦の示しがついたようです。向こうの球団本部長さんが謝ったそうです。
まぁ、保護者が謝るのと同じですね

「言った」「言ってない」のやりとりがありました。
自分にも記憶があります。わかってるのは、決着がつかない
まぁ、中日も落合監督の反論で福留らに火がついたようです。
(今の福留に火ついたらそれこそ、油に火を注ぐ・・・?)

まぁ、仲良くしましょう。仲悪いのは日韓中だけでいいです

昨日の試合。両者とも意地がありますね。
気になったのは観客数。
首位チームとの試合が15812人。寂しいわー。

5位巨人とヤクルトの試合が44748人。。。

ちょっとガッカリです。

【昨日の試合】

広島VS中日(13回戦)広島市民球場


【昨日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 マルティネス

先発予想がまたまた的中。
カープはベイルでした。井上がスタメン。

【試合経過】

<1回表・投手:ベイル・0?0>

荒木がヒットで出塁し、3番福留。レフトスタンドへ第20号の2ランを放ち先制

<2回裏・投手:マルティネス・2?0>

先発マルティネスがぼろぼろと崩れていく。

緒方に3ランを浴び、東出にもタイムリーを浴びこの回4失点で降板。

<3回表・投手:ロマノ・2?4>

今日は、空中戦福留が四球で歩いた後、ウッズがドカン。
レフトに大飛球、場外本塁打を放ち同点。

FW陣の怒りですね。

<5回裏・投手:中田・4?4>

マルティネス降板の後を継いだのは中田

中田が3イニングス目の5回、代打末永に痛恨の1球。高めに抜けたフォークをレフトポールギリギリに運ばれ、勝ち越しを許す。

中日は4回以降の7回と9回以外すべて得点圏に走者をおいたが、あと1本が出なかった。
再三のチャンスをつぶした感じ。
広島は継投が光り、ここぞで踏ん張った。

因縁の対決は“被害者”が負けてしまった。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日 2 0 2  0 0 0  0 0 0 4 8 0
広島 0 4 0  0 1 0  0 0 X 5 10 0

勝利投手 [ 広島 ] ロマノ(4勝6敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 中田(4勝2敗1S)
セーブ [ 広島 ] 永川(3勝4敗17S)
本塁打
[ 中日 ] 福留 20号 1回2ラン、ウッズ 31号 3回2ラン
[ 広島 ] 緒方 4号 2回3ラン、末永 2号 5回ソロ

バッテリー
[ 中日 ] マルティネス、中田、鈴木、岡本 ? 谷繁
[ 広島 ] ベイル、ロマノ、梅津、横山、高橋、永川 ? 石原、倉

※参考:Yahoo!スポーツ


【レビュー】

中日は6連勝でストップ。
久々の敗戦のような感じ。
中日らしい負け方。「負けるときはこんなもん」と落合監督言うとおり。
ブラウン発言による固さがないといえばウソになるかもしれない
チャンスで打席に立った、渡辺、立浪、高橋光いずれもがらしくない打撃をした。
「勝たなければいけない」を力に出せなかったのが残念。
負けることだって、あるから仕方ない。

気になるのはカープとの対戦成績。
現在5勝7敗1分と唯一の負け越し。
完全優勝をファンは望む。
というより、ここまで強い中日に苦手球団アリというお荷物を抱えたくない
カープと中日の戦力差は歴然
しかし、カープとの敗戦に限って、必ず中日がやっている野球で負ける。
同じ野球をやられる、やってるならその差で負けるわけには行かない。
なんとしても、勝ち越してほしい。


【記録】

井上、通算1000試合出場
福留、03年以降4年連続20本到達。

中日は久々に記録試合で負けました。

【順位表】

1位 中日 M38
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【今日の予想先発】

中日:朝倉
広島:広池

毎度、多数のコメントに感謝します。
ランキングのほうが、上昇気流です。
記事のほうがよかったら、押してくださいm(_ _)m

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/16(水) 09:33:50|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いぶし銀と呼ばれる男たち
プロ野球界にはいぶし銀と呼ばれる男たちがいる。

一般にいぶし銀とは“渋くて味わいのあるもののたとえ”と言われます。
プロ野球の各チームにはいぶし銀と呼ばれる男たちが必ずいます。
まして、強いチームとなるとその質はうんと高まります。
今日はそんないぶし銀な選手の話。

プロ野球で呼ばれるいぶし銀も一般的なものと同じく“渋いプレー”をする選手を指す。

プロ野球における渋いプレーとは、送りバントが代表格ではないか。
見ていて渋いと思うプレーこそが、送りバント。

あと、渋さを出すにはやはり味のあるプレー、なにより年齢、も重要だ。
若い選手は送りバントがあまりうまくないこともあるせいか、若い選手にいぶし銀の名がつくことは珍しい。

年齢が30代半ばになり、派手なプレーが出来ないが、確実なプレーでチームを支え、ベテランとして活躍する。
それがいぶし銀。

各球団のいぶし銀選手を挙げると?

中日:川相昌弘・奈良原浩・渡辺博幸
ヤクルト:土橋勝征・宮本慎也
ロッテ:諸積兼司
ソフトバンク:鳥越祐介
西武:高木浩之

など。諸積以外は全員内野手。

そんな中、いぶし銀代表として中日の川相昌弘について書きたいと思う。

川相は投手として巨人に入団したが入団後即野球に転向。

過去6度のゴールデングラブ賞を獲得。
川相の守備は職人技を凌駕しもはや芸術である。
それは42歳になる今も変わらない。

年齢的な負担や打撃面もあり、近年はスタメンでの出場はなく、守備固めでの起用や代打での起用が多いが、存在感は際立っている。

そんな川相を語る上で欠かせないのが「犠打」の話。

川相は巨人時代の二岡がまだ入団していない頃、バリバリの2番ショートだった。
二岡が入団してからはいぶし銀としての立場を歩み始める。
しかし、それまでの数年間でほぼ毎年のように最多犠打のタイトルを取り続ける。

2003年に通算512犠打を記録し、ギネスブックに載ったことは有名。

川相の犠打練習法としては、はじめ1塁線に転がした打球に2球目のバントをあてるという神がかりな練習法もある。
1球目の球に2球目を2球目の球に3球目をという繰り返し。

もうひとつ似たバント練習で、同じく転がす。
グラウンド内に。
その打球はストレッチ中の選手の股に転がっていく。
それもすべて。
やがて、ストレッチ中の選手の足元はすべて埋まっていく・・・。

という練習。

川相は代打で出ては、バントが決まっていた。
だから、それによる汚い野次も当然受けている。
「おまえ、バントしか出来んのか!!」と。

しかし、川相は黙ってバントを当たり前のように決める。
そして、その川相の送りバントが利いてチームが勝ってしまえば、野次を言ったヤツは何もいえない。

それが川相。
川相曰く、バントは終盤にするものという信念があるらしい。

そんな川相は04年から中日にきた。
中日にはテスト入団で入団。

コーチの名もあり、数多くの経歴を持ちながらもテスト入団。
04年の落合政権に当てはまり入団。

その後、バントのスペシャリストがきた中日は川相効果が出た。

川相から教わったこととして「当たり前のことを当たり前に行う」だと思う。

井端にしろ、荒木にしろチームに欠かせない守備を持った両選手だが、川相が来てから守備で騒がれるようになった。

また、打席で打つ気のない投手に、「バントは自分も救うことになるよ」と声をかけ、やる気を起こさせたりしている。

いぶし銀は一般に記録には残らないプレーが多い。
公式記録のサイトを見ても、犠打数は載っていない。

守備でも、守備率という数字は出るがファインプレーは記憶にしか残らない。
しかし、その1つのプレーがゲームの流れを大きく変え、チームを勝利に導く。

中日と阪神の天王山ではっきりしたことがひとつあった。
両チームとも似たチームになっている。
投手が中心のチームという点。

浮き彫りになったのは守備力。
しかも、見えないところの。

例えば守備シフト。
1球ごとに守備シフトを変え、確実な守りをする中日に対し、阪神は守備シフトを打者ごとに固定。
それは、記録には残らない。
間を抜けてもただのヒットになるだけ。
ただ、この差が非常に大きい。
見えないところの差。

それが今季の阪神と中日の決定的な違い。

中日は見えない点での勝ちが多いように思う。
川相の見えないところでのアドバイス。
井端、荒木の連携。
守備シフト・・・など。

今年はそういった、野球の奥の深さを教えてもらっている気がする。


[いぶし銀と呼ばれる男たち]の続きを読む

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/15(火) 10:53:27|
  2. 連載モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

野球話いろいろ
先週の土曜日、自分は浮気をしました
浮気とは本当に出来心からきますね・・・。
いけないことをした。(あ、でも悪いことではないか)
不倫は文化ですから。

いい加減飽きてきたので、本当のこと言います。

コレです。

soccer1.jpg


あれ、これ野球場じゃないぞ。
芝綺麗だし。

ドラゴンズのマスコット「シャオロン」「ドアラ」「パオロン」のいずれでもないぞ。
なんかシャチだし。

そうです。12日土曜日。
ナゴヤではマジック40が点灯し、お祭り騒ぎの中(それほど騒ぎじゃない)、自分はサッカーを観に行ってしまいましたー!!

名古屋グランパスエイトVSヴァンフォーレ甲府の1戦。

自分がサッカーを好まない理由は?

?大量点が入らない
?1度に多くの点が入らない(満塁シュートとか)
?興味がない
?自分自身サッカーができない

からです。

でもでも、俺が生まれて初めて観に行った試合はなんと5?1でグランパスが勝ちました。
5点なんてめったに入らないでしょう。
運がいいな。

おもしろいように点が入ったけど、やっぱ野球のほうがいいな。
でも、サッカー場にいながら、友達のテレビ携帯使って野球も見てました

なんつうか、まぁ行ってよかったけど、自分からは行かないな。
今度行く機会があればのために、ルールと選手を覚えておこう。

俺はW杯で代表の名前を5人いえませんでした。
そんなことから「野球バカ」とか言われてしまいます。

でも、W杯中も必死に野球で話についていきました。

友「中田惜しかったなー」

俺「7回無失点で黒星だもんなー」

友「・・・・・」

友「柳沢なんで決めないんだよ」

俺「あの場面でスクイズは厳しいっしょ」

友「・・・・・」

ってな感じで。

はっきりいって、かなり無理がある上、ウザイですw

まぁ、玉田って選手を覚えた。




さて、野球話で行くと、思わぬ波紋を呼んでる「ブラウン発言」

何を言ったか簡単にまとめると、挑発です。

具体的な名指しはしなかったけども、明らかに中日や、横浜に対する発言。

その内容は、「フェアプレーが欠けているチームがある。陰から相手先発投手の情報を盗んだり、選手の故障の情報を盗んだり、相手のサインを盗んだり、そういうのはフェアプレーが欠けていると思う。原さんはフェアで尊敬している。古田さんも同じ。特に明日からのチームと監督には言いたい。」

と。

中日はルール違反をしてると言いたいらしい。

で、今日両球団による幹部会議が開かれて、話し合った模様。

そして、ひとまず解決したらしい。
よかったよかった。
(8月14日18時20分での情報では解決。実際は解決していない)

どういうルール違反を指摘されたのかとか気になるな。
まぁでも、捕手のサインを見るって言うのは見られたらサインを変えればいいってどっかの本に載ってたし、ルール違反なのかどうかわからんな。。。

次。

中日からドミンゴと、ガルバと、育成のペレイラが戦力外通告を受けました。

ガルバ、ペレイラは置いておいて、ドミンゴ

まぁ、予想通りといってはなんですが、当たりましたドミンゴの解雇。

優勝した04年に中日に来て10勝
05年には肩痛で1年を棒に振り、今季も1勝した後不調とか2軍落ちとか、肩痛とかで踏んだり蹴ったり

04年の10勝は評論家から「インチキ」呼ばわりされた。

それは、中身がカープからの8勝だからである。
カープキラーとして、大いに活躍、
それまで中日が得意でなかった広島に対しドミンゴが8勝し、乗り切った。

ドミンゴの広島戦以外の投球は少しいただけなかったが、個人的にドミンゴは好きだった。
カリブの怪腕にふさわしい、風貌がよかった。

メンタル面は最悪だったけれども。

あのストレートはすばらしいものがあった。
まだまだ、活躍の場はあると思う。
それが、他球団であり、パリーグであり、外国であっても応援したいと思う。



[野球話いろいろ]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/14(月) 18:55:03|
  2. ドラゴンズ雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

8/13 竜、虎に重い引導渡す
昨晩家に戻りました。
不在中の多数のコメント、励みになりました。
そして、すべて返事を書かせてもらいました。

ハフハール殿というすばらしい方によるすばらしい企画により、不在時のアクセス数も安定していました。是非、推奨します。
この方はアナタを救ってくれると!(ぇ
8月12日、中日に球団最速のマジック40が点灯しました。
その2日前、8月10日、当ブログにて「マジックはいつ点灯するのか」という投票を設置し皆様の東京を受け付けたところ?

8月20?30日(中日が)
(5票/38.5%)

8月20?30日(阪神が)
(0票/0%)

9月1?10日(中日が)
(5票/38.5%)

9月1?10日(阪神が)
(1票/7.7%)

9月11?20日(中日が)
(2票/15.4%)

9月11?20日(阪神が)
(0票/0%)

それ以降(中日が)
(0票/0%)

それ以降(阪神が)
(0票/0%)

なんと全員ハズレでした。
これは大失態です。設置した次の日の新聞を見て焦りましたが。
8月12日なんて投票欄にありませんもんね。

8月の下旬、9月の上旬に中日がという人が最多投票でした。
投票ありがとうございました。

まぁ、みんなもビックリしたってことで解決(* ̄  ̄)b

次からは優勝日予想を設置しますので。

さぁて、昨日の試合のレビューに入るとします。
まぁ、簡潔にいきます、今日も。
(今日はこの更新含めて最大3回更新するかもしれないから。)

【昨日の試合経過】

先発は予想通り、中日佐藤充、阪神福原。

阪神は1回に佐藤から4連打で2点を先制
すると中日も4連打で福原から2点を返上、あっさり同点

2-2の同点の3回には、アレックスが勝ち越しタイムリー。
アレックスその日自身最多の6打点をマーク。

昨日は5番森野、6番アレックスで9点を挙げた。
8回にも四球を挟んで5連打など、阪神中継ぎ陣を粉砕

やめてくださいと言われんばかりの猛攻。
阪神先発福原は6回3失点だったが、その後の中継ぎ人3人で10点を取られた。

中日の佐藤は不調、しかし結果は7回2失点と悪くない。

この日の試合には佐藤を成長させる、シーンが幾度となくあった。

まず、不調時でも勝てるという自信をつけたこと正念場で続投させてもらい、ピンチをしのいだことなど。

落合監督は佐藤を育てながら、使っている、

佐藤は正直、捕手が谷繁じゃなく、監督が落合監督じゃなければ今の白星の半分にも届いていない気がする。

佐藤自身の力があるからこそのことだけども。

マジックは2つ減って38

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
阪神 2 0 0  0 0 0  0 3 0 5 11 0
中日 2 0 1  0 0 0  4 6 X 13 16 0

勝利投手 [ 中日 ] 佐藤充(9勝1敗0S)
敗戦投手 [ 阪神 ] 福原(8勝3敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岡本(2勝0敗1S)

バッテリー
[ 阪神 ] 福原、ダーウィン、オクスプリング、江草、桟原 ? 矢野
[ 中日 ] 佐藤充、平井、岡本 ? 谷繁

【レビュー】

阪神岡田監督には確固たる信念がある。
それは勝ち試合じゃない場合はJFKを使わないということ。

今阪神にはその中核と、Kがいない。
J1人というわけだ。
まぁ、勝っていないと使えないからなんともいえないが、6回以降の投手をJFKで投げきってきた阪神にとってそのうち2人がいないというのは大きな誤算。

何が言いたいかというと、阪神はJFK以外の信頼できる中継ぎ投手がいないということ

昨日の試合だって、福原を中4日で登板させ、6回と113球投げさせた。
中4日、まして福原は今年病み上がりである。
その投手に中4日させ、110球投げさせる。

まさに、「ウチは投手がいません」と言ってるかのようだ。

福原の後を受けたのはダーヴィン。
ダーヴィンの後は先発補充で1軍に上がったはずのオクスプリング。
オクスプリングも打たれ、続くは江草。
江草も一時は先発だったはず。

結局昨日無失点だったのは桟原のみ。

岡田監督はあれこれ言うが、故障者が出てもそれなりに勝てるチームというのが本当に強いチーム。

負けた言い訳にケガ人を使うのはタブー。

中日は福留不在時に井上、英智で乗り切り、荒木不在時には森野が活躍。
さらに、中田不在時は朝倉、佐藤充の活躍。
岡本不在も鈴木らが完全にカバー・・・などと、きちんと代役が結果を残している。

一方の阪神は、今岡不在を関本、片岡パッとせず、ウィリアムス、藤川、久保田のJFK不在も乗り切れる投手がいない。

阪神戦ではJFKが出る幕に試合展開をしたら負けてしまう。
が、しかしJFKが出ない試合展開だと勝てるのだ。

このデータがほしいな。。。

藤川も寝違いで抹消された。
この優勝争い真っ只中の天王山でなぜ、寝違えなどするんだ。
ケガとしか思えない。

岡田監督もオールスター当でケガを抱える阪神選手を多く使い、ファンを楽しませてくれたため悪くはいえない。

ただ、もう少し考えて指揮をとるべきではないかと。

【今日の先発予想】

中日:朝倉
広島:ベイル



[8/13 竜、虎に重い引導渡す]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/14(月) 09:34:53|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8/12 竜、球団最速でマジック点
今日も携帯からです。皆様からのコメントは明日返します。

今日の試合で中日が阪神に勝てば中日に優勝へのマジックナンバー40がつくという試合。
投打に阪神を圧倒し、中日は最短でマジック40を点灯させた。

【試合結果】

中日11ー1阪神

ウッズに30号
山本昌は6勝目

【Vロード】

中日は球団最速でマジック40を点灯させた。
最短Vは9月6日。

ブログ右側のマジックアンケートは消しますw

今の中日は連勝記録が多い。

現在…5
ホーム…11
対阪神…5
対巨人…9

この各連勝記録があるため、大崩れしない。
あとホーム連勝記録はやはり投手陣が最高の結果を残すから。

【今日の先発予想】
中日:佐藤充
阪神:福原

  1. 2006/08/13(日) 13:06:39|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8/11 川上復活!マジック点灯目
今日はパソコンがないので、携帯からがんばります。簡略化してお届けします。

【今日の試合】

中日VS阪神の夏の天王山。
この3連戦で中日は2勝するとマジック40が点灯する。
阪神は井川、福原が登板しないと思われ、打線に期待がかかる。

【先発投手】

中日:川上
阪神:下柳

【試合経過】

4回裏にアレックスがタイムリー、そして英智が2点タイムリーを打ち3点をとる。

今日は守備に乱れもみられ、2点を献上。
川上は後半戦最高の出来で阪神打線を4安打に抑える。
11奪三振も奪い、8回2失点で黒田を抜いて防御力トップにたった。
阪神は今季ナゴヤドームで勝っていない。

【試合経過】

中日3?2阪神

川上・13勝2敗
岩瀬・1勝2敗31セーブ

【明日の予想先発】
中日:佐藤充か山本昌
阪神:能見

やっぱりパソコンないと苦労しますね、データが自分の頭のモノなんで信用できない…。

明日勝てばマジック点灯です!
  1. 2006/08/11(金) 22:06:54|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

携帯よりモブログ
今日から3日間帰郷します。
帰郷先にパソコンがないので、試合レビューなどは携帯から簡略化して送るつもりです。

今回はテスト送信です。
  1. 2006/08/11(金) 15:40:07|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

セ・リーグ優勝球団はどこか?(結果)
7月20日より約20日間にわたって、当ブログで『セ・リーグ優勝球団はどこ?』と題し、アンケート及び投票を実施して参りました。

投票数は35集まりました。面倒ながらも投票してくださった方にお礼申し上げます。
本格的なデータを取るなら100はほしかったですが、自分の力量がまだまだですので、確信的なデータとはいえないでしょうが、発表します。




<投票結果>

中日ドラゴンズ
(27票/77.1%)

阪神タイガース
(5票/14.3%)

読売ジャイアンツ
(1票/2.9%)

横浜ベイスターズ
(2票/5.7%)

※ヤクルト、広島には無投票。




7割以上の方中日ドラゴンズが優勝と投票してくれています。
2割近くが阪神派。
残り1割は巨人、横浜でした。

巨人、横浜はすでに自力優勝が消えているので、挽回を願っての投票だったのでしょうか。

予想では中日と阪神で五分五分ほどになると思っていたんですが、中日が全体の7割を占めました。

おそらくこの竜刊野球マニアをみている人は、野球を少しでも知ってる人だと思うので、かなり参考になりました。

なにが起こるかわからない野球だけども、世論は中日だと思ってる、そんなデータがほしかったのです。

今、中日はセ・リーグ制覇にもっとも近い球団です。
ちょっと気が早かったですが、投票を設置して正解でした。

今日からは新たに、『セ・リーグマジック点灯日はいつ?』と題したアンケート及び投票をはじめました。
ふるってご参加ください、そして目指せ100票です!!




テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/10(木) 15:54:46|
  2. 野球コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

8/9 豊橋に3発の花火。貯金24!!
昨日の浜松での試合は雨で流れ、ローテ再編が余儀なくされた今週。
ドラゴンズ主催地方球場戦2戦目は豊橋で無事行われた。
風が強かったみたい。

いざ、鯉釣り。

【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 中田

最近不動のオーダー。
カープ先発はベイルだった。黒田じゃなくてよかった。
中田は阪神戦へのスライドが考えられたが、広島戦にローテ通りきた。

今日はいろんな意味ですごい試合。

【試合経過】

<1回表・投手:中田・0?0>

安打で出塁の東出を塁において、嶋が先制タイムリー2ベース。
中田立ち上がり失敗。

<1回裏・投手:ベイル・0?1>

井端、福留連続四球の後、ウッズがレフトへ弾丸ライナーの本塁打
狭い、豊橋ならではの1発であっさり逆転。

<3回裏・投手:ベイル・?1>

2死からアレックスが内角をうまくさばき、レフト線を破るタイムリー。

<6回表・投手:中田・4?1>

5回表に満塁のピンチを背負ったものの無失点で切り抜けた中田が6回に捕まる。

まず、先頭の嶋に内角高め直球を場外ホームランされる。
そして、新井、前田連打でピンチ。
2死をとり、粘ったものの、広瀬に同点タイムリー、そして次打者東出に勝ち越しタイムリーを打たれ、この回5失点。

中田は被安打10。

<7回裏・投手:林→佐竹→横山・4?6>

テレビ放送はすでに終了。
ラジオ観戦してたが、敗色濃厚と判断して観戦をやめた
しかし、7回裏にウッズ福留を置いて、同点特大2ランを放つ!!
電光掲示板横。
同点!!

<8回表終了直後>

審判が広島の投手交代を聞き間違い、間違って場内アナウンスに報告。
そして、それで両監督がもめ、審判に質問責め。
試合は観客には訳わからぬまま、中断
そして、24分の中断を経て、審判部長から場内に説明、謝罪し再開された

<8回裏・投手:永川・6?6>

時計の針は10時10分過ぎ
延長になったら、まずかったが、中断で広島がリズムを崩す

気持ちを取り直していきたいところ、永川は2死後、井端にヒットを打たれ、そして・・・福留決勝の2ランを打たれてしまう。
電光掲示板直撃。

あっぱれ福留!!19号!!

<9回表・投手:岩瀬・8?6>

守護神君臨。3者凡退で、乱戦にピリオドを打った。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
広島 1 0 0  0 0 5  0 0 0 6 12 0
中日 3 0 1  0 0 0  2 2 X 8 12 0

勝利投手 [ 中日 ] 平井(3勝3敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 永川(3勝4敗15S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗30S)
本塁打 [ 広島 ] 嶋 16号 6回ソロ
[ 中日 ] ウッズ 28号 1回3ラン、ウッズ 29号 7回2ラン、福留 19号 8回2ラン

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

今日は広島が一時、逆転で中日戦への相性のよさを出したが、結局投手陣が踏ん張れず敗退。5位転落した。

中日はまたも敗色濃厚試合をひっくり返した。
今日光ったのは、3安打福留2本塁打のウッズ
アレックスも1打点。
この中軸の3人で試合を決めた。
ウッズは狭い球場で量産体制。背中痛いんじゃないの?
福留は相変わらず好調維持。本人曰く、最悪なそうだが。

今日の中田は途中から崩れてしまった。
何が悪かったんだろう、若さがでたなと感じたところは、ピンチでの力み。
力んでコントロールが利かなくなり、ストライクをいれにいったら打たれた。という感じだった。
負け投手にはならなかったが、ここ2試合勝ちも負けもついていないが、課題が浮き彫りである。

明後日からの阪神戦は、川上、佐藤充ら投手陣の柱的存在の投手がそろって先発予定。
場合によってはマジック点灯に近づくとか。

【今日の笑い話】

8回裏の福留の本塁打の後、ウッズの打席で、東海ラジオの今日の解説の福田功さんは、実況の「ウッズここは力入ってますね」の一言に、「えぇ、ブリブリ振ってきますよ」と。
実況「ブリブリですかw」

自分が知る“ブリブリ”はクレヨンしんちゃんがいいとこですね。


【記録】

福留猛打賞&19号。4年連続20号に王手。
ウッズ28号、29号。李の背中見えてきた。5打点で打点王トップ快走。
岩瀬、2年連続30セーブ。

【順位表】

1位 中日
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 巨人
5位 広島
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明後日の予想先発】

中日:川上
阪神:???

【今日の夏の甲子園?1回戦?】

智弁和歌山(和歌山) 4 - 1県岐阜商(岐阜)

浦和学院(埼玉) 3 - 9金沢(石川)

八幡商(滋賀) 2 - 8静岡商(静岡)

愛工大名電(愛知) 4 - 6福知山成美(京都)

我が地元、愛工大敗れたり。。。



テーマ:広島カープ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/09(水) 23:51:49|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

8/8 主力選手最終予想成績
今日の浜松での試合は雨のため中止です。
投手陣を休ませるという意味では恵みの雨でしょう。
また、阪神は試合が行われており、再び中日が阪神より5試合多くなりました

さて、ペナントも残り試合が50試合代にきました。
残り試合40試合になったら山場です。
そして、中日、阪神以外の自力優勝が消えた今、4球団ではタイトルを狙わせた戦いがくる時期もそろそろやってきます
ということで今日は中日選手に期待する今年の最終成績を書きます。
こういうの好きなので。
題して、“ドラクジ”(特許出願してない中、ていうか<仮>で)。

現実的にいこうと思う。
コメントをいつも下さる皆さんは、だれか1人取り上げて、予想してください
そして、当たったら讃えます。(そんなけ?)
いや、シーズン終了後コメントにいきます。


【投手・先発】
※残り53試合、1人あたりの登板最大予想数は9試合前後。

名前、勝ち数、負け数、セーブ数、防御率

川上 17勝4敗 2.10(最多奪三振、最高勝率も) 
佐藤充 13勝3敗 2.00(新人王も)
朝倉 13勝5敗 2.50
山本昌 9勝9敗 3.80
マルティネス 10勝8敗 3.40
中田 8勝3敗1S 3.30
小笠原 3勝2敗 3.50

岩瀬 2勝2敗43セーブ 1.70

【打者】
※残り試合数から考えて1人あたりの最大予想打席数は212ほど。


荒木 .300 2本 25打点
井端 .280 6本 40打点
福留 .340 31本 100打点(最高出塁率も)
ウッズ .300 40本 110打点
森野 .310 10本 50打点
アレックス .280 18本 65打点
谷繁 .220 9本 35打点

英智 .240 1本 25打点
立浪 .260 3本 35打点

が、大体の予想数値です。

赤字はタイトル予想。

そろそろブログ右のアンケートも変えようと思います。
30票をようやく越えましたしw


では。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/08(火) 19:49:45|
  2. ドラゴンズ雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今週のドラゴンズ
【今週の日程】

8日(火)VS広島(浜松)
9日(水)VS広島(豊橋)

11日(金)VS阪神(ナゴヤドーム)
12日(土)VS阪神(ナゴヤドーム)
13日(日)VS阪神(ナゴヤドーム)

※いずれも18時試合開始


【予想先発】

8日 中田?ベイル
9日 山本昌?佐々岡or黒田

11日 川上?下柳?
12日 佐藤充?安藤
13日 朝倉? 能見

【気になる数字】

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと5勝
佐藤充?あと2
マルティネス?あと4勝
朝倉?あと1
川上?すでに12勝

残り試合が53試合。ソレを6で割ると、一人9試合あと登板があると考えれる。
先週のこの記事と変わったのはマルティネスの1勝と、川上の1勝。

先週は川上マルティネスにしか先発は勝ちが付かなかった。


【今週のポイント&見どころ】

今週は5試合。
6人完備の先発ローテにひとつ余裕ができる。

全部地元主催のホームだが、広島戦は地方球場なので再び打撃戦か
阪神3連戦は、川上が初戦に投げそう。
ここで再び叩いて、引導を渡したい。

先週は投手陣が打ち込まれて、打撃陣がカバーして何とか5分で乗り切った。
今週は、投手陣も再び安定感を取り戻して、中日らしい勝ち方をしたい

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/07(月) 16:41:54|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8/6 井上逆転タイムリーでツバメ落とし
暑い日が続きますが、高校野球も熱いですね。
今日、30分ほど投球練習をしましたが30分でバテバテでした。
この暑い中、球児やら選手やらはすごいですね。
尚、高校野球関連も一番下で取り扱っております。

【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 朝倉

昨日と変わらぬオーダー。
先発は予想通り朝倉、ヤクルトも予想通り石川(やっと当たった)。

【今日の見どころ】

ヤクルト監督の古田監督が誕生日ということで、なにかヤクルトが勝ちそうな気がしなくもない試合(曖昧だ
じゃなくて、ヤクルトの自力優勝が消えるかどうかの大事な試合

【試合経過】

<1回表・投手:石川・0?0>

今日も鮮やかな連打がらみの先制劇。
井端、福留連続安打で、1死1塁3塁。
そこで、しっかりウッズ犠牲フライ
あっさり先制。
とれるトコで取る、これだよね。

<1回裏・投手:朝倉1?0>

リグスがレフトスタンドに同点ソロ

<3回表・投手:石川・1?1>


荒木
今季初アーチ
レフトに弾丸ライナーでソロ。
1点勝ち越し

<3回裏・投手:朝倉・2?1>

球はきていた朝倉、今日は甘い球が多かった。
米野にソロを浴び、同点、そしてさらにリグスに今日2本目のソロを浴び、1点差とされる。
ココで重要なのはいずれもソロということ。

<7回裏・投手:デニー→久本→鈴木・2?3>

デニーがまたも本塁打を浴びる。
宮出にソロを。またもや、ソロ
2点差。

<8回表・投手:花田・2?4>

先頭井端四球で出塁、福留はエラーで出塁。
無死1塁2塁、そこでウッズがレフト前へ転がし1点差。

森野が送って、不調のアレックスへ。(森野ってバントもうまいね)
アレックスは応えられず、ブレーキ。捕邪飛。
しかし、しかし、井上前進守備の頭をはるかに超える打球を中後に放ち、2点タイムリーツーベース。逆転で1点リードとした。
打った井上は2塁上でガッツポーズ

<9回裏・投手:岩瀬・5?4>

岩瀬のスライダーに手も足も出ず、3者凡退2三振。
ヤクルトに自力優勝消滅という引導を渡した。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日  1 0 1  0 0 0  0 3 0 5 11 0
ヤクルト1 0 2  0 0 0  1 0 0 4 10 1

勝利投手 [ 中日 ] 鈴木(1勝0敗1S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] 花田(2勝2敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗29S)
本塁打
[ 中日 ] 荒木 1号 3回ソロ
[ ヤクルト ] リグス 22号 1回ソロ、米野 6号 3回ソロ、リグス 23号 3回ソロ、宮出 6号 7回ソロ

バッテリー
[ 中日 ] 朝倉、デニー、久本、鈴木、平井、岩瀬 ? 谷繁
[ ヤクルト ] 石川、坂元、高津、花田、館山 ? 米野

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

中日にとってキツイ6連戦だった。
しかし、3勝3敗と持ちこたえ、貯金を最多タイの23とした。

この6連戦何がきつかったかというと、投手陣に見え始めた疲れの2文字。
狭い球場で尚かつ打撃チームとの戦いで乱れ飛んだ本塁打。
いままでとは、違う試合にいずれもなった。

しかし、投手陣の疲れを打線が見事にカバー。
正直ここまでカバーするとは思ってもいなかった。バランスがいいんだな。

中継ぎ陣で光ったのは、今季初勝利を挙げた木。
4球だったが今日3安打のリグスを打ち取り、ピンチを断ち切り流れを呼んだ
リグスはかなり打ちずらそうにしていたから、苦手印象をつけれたんじゃないかな。鈴木も勝ちパターンでついに使われ始めたか!?

今日の敗因は、8回表ノーアウトから井端四球で出したこと
ノーアウトの四球のランナーは高確率でホームに還ってくる。
その確率は回が進むにつれて高くなる。

それを象徴するかのような場面。
ラロッカのエラーからボロボロと崩れ、渡された自力優勝消滅
古田監督には付き返したい誕生日プレゼントとなった・・・。

【記録】

・ゲーム差5.5で首位キープ
立浪ここ数試合代打出場も連続無安打

【順位表】

1位 中日
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【今日の夏の甲子園?1回戦?】

高知商(高知) 10 - 7白樺学園(北北海道)

早稲田実(西東京) 13 - 1鶴崎工(大分)

大阪桐蔭(大阪) 11 - 6横浜(神奈川)

注目の大阪桐蔭と横浜の試合は大阪桐蔭が勝ち、横浜は春夏連覇ならず。
注目の2年生中田は本塁打を放った。

すべて、二ケタ得点勝利試合と打撃戦、乱戦になった。

明日は注目の仙台育英の試合が行われる。
仙台育英関連のコラムはコチラから。
感想等、お寄せください。

[8/6 井上逆転タイムリーでツバメ落とし]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/06(日) 23:37:37|
  2. 中日外のLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ココが変だよ日本のプロ野球
シーズンも後半戦に入り、優勝という2文字がファンの頭によぎる今日この頃。
ふと思った日本プロ野球の疑問について書きます。

自分は06年版の選手名鑑を3冊持っています。
小さい名鑑2冊(学校用と自宅用)、そして大きく詳しい名鑑(自宅用)です。
大きい方は選手のことが細かく載っています。

小さい方の名鑑と比較して、大きい名鑑だけに載っているものとして、「趣味」「初出場のデータ」「車」が余分にあります。

(この大きな名鑑を買った理由はCD-Rが付いていたことと、大リーガーや、プロ野球選手の甲子園成績など、興味深いものが多々あったからです。
選手のデータは小さい方で十分。ただ、値段が5倍した)


目をつけたいのは車。
選手が乗っている、いわゆる“愛車”です。
愛車のどこが変なのか。

各球団の主力の愛車は?

ソフトバンク:斉藤→ベンツ
西武:松坂→ベントレー
ロッテ:渡辺俊→BMW

阪神:今岡→ベンツ
中日:川上→ベンツCL600
巨人:上原→セルシオ
ヤクルト:古田→セルシオ

と、人生で1度は耳にしたことのある高級車ばかりではないでしょうか。
ベンツなんか高級車=ヤクザと変な図式になってしまうほど有名です。

『追い越すな ヤクザが乗ってる 黒ベンツ』

とはよく言ったものです。

脱線してしまった。
まぁ、プロ野球選手が乗るベンツはでしょう、多分。
とまぁ、今並べた選手はすべて年俸が1億円以上の選手で、実力もあり、球界に名を残している選手ばかりです。
まぁ、ファンが乗ってる姿を見ても疑問を抱くことはないでしょう。
乗れるだけの風格が十分にありますから。

※マメ知識?日本のベンツは最低価格で250万円ほど
※マメ知識?日ハムのSHINJOの愛車はベンツ、BMW、フェラーリなどだそうです。

少年時代から抱いた夢、プロ野球選手になりお金をたくさんもらえば、高級車に乗りたくなる、というのはふつうでしょう。

しかし、近代の日本のプロ野球界ではなぜか、1軍出場しない2軍の選手でも高級車に乗れる時代になっている。
ソコが純粋におかしいと思った。

大体のプロ野球選手の実働は20年
20歳前後から40歳前後の20年。

近年のその年代のサラリーマンの平均年収は382.5万円です。(自計算)
プロ野球選手ではだいたい500万円が最低年俸なんで、野球をしていながらも、サラリーマン以上には稼いでいることになります。

果たして、そのサラリーマンたちはベンツに乗っているか
BMWに乗って出勤してるのか?ってことです。

別に悪いことだとは思わないけど、まぁ純粋に考えておかしいなと、思っただけです。

だって、年収がそれくらいで苦労してるサラリーマンが2軍の選手を見て、「あぁ、あいつらはいいなぁ、好きな野球をして俺より高い金もらって、ベンツに乗ってんだから」って思っても不思議ではないでしょう。

深く考えると、若いプロ野球選手だって進学蹴ったり、就職蹴ったりして、プロ野球選手になり、いわば一種の賭けをして望んでるわけですから、その辺を言い出すと止まりません。
やれる自信がないと、プロではやっていけないとかいろいろありますし。

ただ、野村ノートを読んで、今の若い選手は外見ばかり気にして、社会のことをちっともわかっていない、とあったのでそこから疑問を抱きはじめました。

野村監督なんかは、茶髪、ピアス、長髪を完全に禁止していますし。
それは、一言で言って若い実力のない奴が偉そうな態度を取るなってことだと思います。

同じ世代のサラリーマンでは茶髪、ピアス、長髪はありえないですからね。

結論は出せません。いろいろな結論があると思うからです。
ただ、今日は疑問点を挙げただけ。

下手な文章になったことをお詫びしますm(_ _)m
意見あったらコメントください。 [ココが変だよ日本のプロ野球]の続きを読む

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/06(日) 11:37:19|
  2. 野球コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

8/5 中日継投にマル印
どうも、最近見出しを考えるのに頭使ってます。
新聞らしく「うまい」見出しを書きたいデス。

今日も名古屋は猛暑でした。今もゆだりそうです。
更新頻度が落ちてますが、明日から回復です、よろしくお願いします。

【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 三 森野 
6番 左 アレックス
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 マルティネス

予想通り先発はマルティネス。ヤクルトはゴンザレス。
今日は5番に初めて野を起用。
いよいよ、立浪の座を自分のものにしつつある

【試合経過】

<1回表・投手:ゴンザレス・0?0>

鮮やかな先制劇。荒木、井端が連続ヒットで出塁し、福留先制2点タイムリーをライト前へ。
ウッズ倒れ、森野犠牲フライを放ち、初回に3点先制。

<2回裏・投手:マルティネス・3?0>

調子がいいように見えたマルティネス
しかし不用意な1球で投手ゴンザレスに2点タイムリーを打たれてしまう。

<3回表・投手:ゴンザレス・3?2>

森野、アレックス連続タイムリー
森野今日2打点の活躍。5-2とする。

<5回裏・投手:マルティネス・5?2>

好調のマルティネスだったが、直球と対照的に変化球がイマイチで、岩村にタイムリーを浴びる。

<9回裏・投手:岩瀬・5?3>

マルティネスの後、デニー、久本、岡本、平井勝ちパターンの見事な継投でヤクルトを無失点に。
しかし、岩瀬が田中浩に2試合連続の本塁打を浴び久々の失点
しかし、その1球だけで、後は問題なし。
中日が逃げ切った。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日  3 0 2  0 0 0  0 0 0 5 11 0
ヤクルト0 2 0  0 1 0  0 0 1 4 8 2

勝利投手 [ 中日 ] マルティネス(6勝6敗0S)
敗戦投手 [ ヤクルト ] ゴンザレス(4勝5敗0S)
セーブ [ 中日 ] 岩瀬(1勝2敗28S)
本塁打
[ ヤクルト ] 田中浩 2号 9回ソロ
バッテリー
[ 中日 ] マルティネス、デニー、久本、岡本、平井、岩瀬 ? 谷繁
[ ヤクルト ] ゴンザレス、松井、鎌田、田中充、坂元 ? 米野

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

今日はマルティネスにを中心とした投手陣ついて。

投手コーチ曰く、「今季一番の出来」のマルティネス。
マルティネスは2つの投球パターンをもち、“長身を生かした球威あるストレートでおす投球”“変化球でかわし、コントロール重視”の2タイプ。
最近、前者は影をひそめ後者での投球が続いていた。
しかし、今日は前者の投球パターンで、140?後半のスピードで押していった。こんなんい出るんだね。
今日のストレートの走りは抜群。
しかし、それと対照的に変化球が今ひとつで、変化球でかわしきれず、直球が生きなかった。しかし、5回3失点で6勝目を挙げた。
どちらがいいんだろう。ストレートマルティネスか、変化球のマルティネス。どっちもが一番なんだけども。

今日はナイス継投。
久本も勝ってる試合で使われた。
マルティネスが5回降板ということで、空いた6,7回を、デニー、久本、岡本で投げきり、平井にバトンを渡せた。
苦しい夏場に、こういった継投が出来れば乗り切れるというのを見してもらった
岡本の復帰はやはり大きい。岡本無くして、中日中継ぎ陣はないな。
今日はランナーを3塁に置くピンチでフォーク連発の綱渡り。
しかし、岩村を三振に取るなど復活の逃し。完全復活すれば、優勝へかなり近づくことは間違いない。

ヤクルト2番手の松井いいね。

【記録】

・中日チーム防御率3点台へ
・ゲーム差は5.5。

【順位表】

1位 中日
2位 阪神
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 巨人
6位 横浜

【公示】

中日はなし

【明日の先発予想】

中日:朝倉
ヤクルト:石川



テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/05(土) 23:43:13|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

8/4 佐藤充、ツバメ退治失敗。今季初黒星喫す。
昨日は更新しようとしました。
しかし、記事完成後、パソコンがフリーズ。俺の心もフリーズ。
やる気がどん底を突き破ってどんどん底に行きました。
昨日の簡単なポイントだけ、抑えて今日のレビューに入りたいと思います。

【昨日のポイント】

・川上通算1000奪三振。
・川上自己最多の14奪三振も、5失点で防御率2位に、しかし昨季上回る12勝目。
・ウッズ1試合2本塁打。2本目は通算150号。
・中里今季1軍初登板は、2四球2失点、1アウトも取れず。
・ウッズ、井上、森野に本塁打。
・最後は岩瀬が締め、3連敗を逃れた。

【今日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 左 アレックス 
6番 三 森野
7番 捕 谷繁
8番 中 英智
9番 投 佐藤充

佐藤は9連勝のかかるマウンドだけではなく、1勝2敗と負け越した横浜戦の悪雲を晴らす投球に期待した。
英智が先発オーダーに。
ヤクルトは石井一

【簡易試合経過】

今日は派手な打撃戦。
両軍8本の本塁打が乱れ飛んだ。
内訳は中日3本、ヤクルト5本。
ということは、佐藤充が被本塁打を浴びたということ
この試合前まで被本塁打が3だった男が、今日だけでそれを上回る4本の本塁打を岩村2本、田中浩、青木に浴びた。
計6失点した。

一方の中日打線も石井一に抑えられながらも、打っていった。
福留の追い上げソロ。
5回には福留ランニング2ラン本塁打を放った。
目の前で初めてランニング本塁打をみた。
あ、もちろんテレビで。
7回にワイルドピッチで1点を返すなどし、満塁のチャンスもあった。
しかし、ウッズ、アレックスが凡退し無得点。
今日はこの時点で負けだな、と思った。
佐藤は6回で降板。
2番手鈴木も3失点と奮わず、リードを広げられる。
8,9回と中日も追い上げたが、結局7-9で敗れた。

佐藤今季初黒星
個人の連勝も8でストップ。
チーム防御率もかなり降下した。

【試合結果】

    1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日  0 0 1  0 2 0  1 2 1 7 11 0
ヤクルト1 2 2  0 1 0  3 0 X 9 11 1

勝利投手 [ ヤクルト ] 石井一(6勝4敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 佐藤充(8勝1敗0S)
セーブ [ ヤクルト ] 館山(2勝3敗3S)
本塁打

[ 中日 ] 福留 17号 3回ソロ、福留 18号 5回2ラン、井上 4号 8回2ラン
[ ヤクルト ] 岩村 19号 1回ソロ、田中浩 1号 2回2ラン、岩村 20号 3回2ラン、青木 7号 5回ソロ、リグス 21号 7回2ラン

バッテリー
[ 中日 ] 佐藤充、鈴木、岡本 ? 谷繁、小田
[ ヤクルト ] 石井一、丸山貴、高津、花田、館山 ? 米野

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

いよいよ投手陣への疲れが見えてきた。
ここまで8連勝、負けナシの佐藤がついに負けた。
いつかは負けるものだが、時期が悪い。
横浜戦も負け越し、川上も打たれ、ついに佐藤までも本塁打祭りになってしまった。ただ、川上は勝ち、佐藤充は負けた
打線は粘る、中日らしい活躍を見せている。
投手陣不調の時は、打線がカバーするしかないと以前書いたが、カバーしきれないほどの失点を重ねている。
チーム防御率2点台が危ない
優勝したときに大いに湧かれる数値になるだけに、期待している。
今日はウッズが4三振の大ブレーキ。
三振は、流れも切ってしまうし、4番となると話が違う。
苦しい夏場だが乗り切らないと優勝はない。

【記録】

岡本復帰登板は1回無失点
福留ランニングホームラン

【明日の予想先発】

中日:マルティネス
ヤクルト:石川


[8/4 佐藤充、ツバメ退治失敗。今季初黒星喫す。]の続きを読む

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/04(金) 22:57:44|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

8/2 竜夏休み?昌沈む。
昨日もテレビ放送なく、ラジオで観戦。
けど、負けてたからあまり聴いていない。

今日は横浜の試合経過ばかりになりそうなので、簡単に済まして、次の記事を書きたい。

【昨日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 中 福留
4番 一 ウッズ
5番 左 アレックス 
6番 三 森野
7番 右 井上
8番 捕 谷繁
9番 投 山本昌

先発は予想通り、山本昌と三浦。
昨日は井上がスタメン、しかし痛い1併殺打があり、期待を裏切りました
森野も元気にスタメン。

【簡易試合経過】

横浜打線が好調、初回から種田のタイムリーで先制すると、2回、3回と追加点をあげ、2回1死でKO
続く鈴木もタイムリーを浴びるなど、リリーフ陣も散々。
落合長峰も失点し、抑えたのは最終回の久本のみ。
一方の中日打線は、三浦に抑えられ、5回にアレックス、森野の連続タイムリーで追い上げるも、井上が併殺など奮わなかった。
8、9回にもタイムリーが出たが結局三浦に完投を許し、連敗。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日 0 0 0  0 2 0  0 1 1 4 9 0
横浜 2 1 2  0 1 0  2 0 X 8 14 1


勝利投手 [ 横浜 ] 三浦(7勝6敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 山本昌(5勝6敗0S)

本塁打
[ 横浜 ] 吉村 14号 5回ソロ

バッテリー
[ 中日 ] 山本昌、鈴木、落合、長峰、久本 ? 谷繁、小田
[ 横浜 ] 三浦 ? 相川

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

今日は山本昌の出来がすべてだった。
球威、キレなどいつもとさほど代わらなかったかもしれないが、一番の違いは生命線であるコントロール
3四球を与えるなど、らしくなく2回1死を投げただけなのに球数は75球
これが、昨日のすべてである。
8失点と久々の大敗。
先発が崩れれば、大敗。
また、大敗するときは先発が崩れたとき。

それを象徴するかのような試合だった。

今日思ったことは、リリーフ陣の出来の悪さ。
12球団1といわれているが、自分は12球団1なのは先発陣だと思う
今年の中日のリリーフ陣にはいない選手がいる。
岡本である。岡本の不在により、勝ちパターンの必勝投手が確立されているのは平井岩瀬だけではないか。
中日は先発陣が7回まで投げれるので、平井?岩瀬のリレーでもいいが、それこそ今の阪神状態。
岡本も2軍では別格だが、1軍になると顔が変わってしまう。
高橋も昨日登録抹消。久本が上がったが、勝ちパターンでは使えない。
今、もっともいいのは鈴木だが、なぜか負け試合、大差での試合など、起用法がイマイチ
投手陣に出てきた疲れの2文字。
そこを、打撃陣でまかなうだけの力は十分あるので、下手な試合は、Vへの悪雲のなりうる・・・

【記録&ニュース】

・ウッズ背中に強い張り、大事を取って5回途中交代。

【公示】

→1軍

久本

→2軍

高橋

長峰が2試合目の登板をしたが、04年優勝時も長峰が登板した。
優勝yearに長峰???と思いたくなる。



[8/2 竜夏休み?昌沈む。]の続きを読む

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/03(木) 10:17:09|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

8/1 竜、連勝にサヨナラ
負けたときの更新ってなんかイヤですね。
巨人ファンでブログ書いてる人や、楽天ファンでブログ書いてる人の気持ちがわかります。
ただ中日はあまり負けませんが(すっごい嫌味

あんま言うと訪問者いなくなるからやめておこう。

【昨日の先発オーダー】

1番 二 荒木
2番 遊 井端
3番 右 福留
4番 一 ウッズ
5番 左 アレックス 
6番 三 森野
7番 捕 谷繁
8番 中 英智
9番 投 中田

中田クンが登板。テレビ放送なかったから、ラジオで聞いてた。
あぁ、中田が見たかった。

このところ不動のオーダーですね。なかなか隙のないオーダーって気がします。
特に下位打線ね。6番森野は好調、谷繁は打撃復活、英智は意外性となんか嫌なオーダーです。

横浜は門倉でした。

【試合経過】

試合は5回まで0-0の投手戦。
門倉がよかった。3安打しか打たせてくれなかった。

中田は四球が多く、球数も多かった。

<6回表・投手:門倉・0?0>

しかし先制するのは中日。四球の福留を置いてウッズがレフトに弾丸ライナーの2ラン。
2点を先制

<6回裏・投手:中田・2?0>

本塁打でウッズに1本抜かされた横浜村田が、同点ソロを放つ。
この回は中田ピンチだった。

<7回裏・投手:中田・2?1>

中日は7回3者凡退。
しかし、中田が四球で与えたランナーを金城にタイムリーを浴びて還され、同点。四球がアダとなった。
中田は被安打6与四死球4だった。

<8回裏・投手:平井・2?2>

8回も中日無得点で、リリーフは平井。
簡単に2アウトを取って、打者吉村。
初球をライトスタンドへ運ばれる。
これで、中日ついに勝ち越しを許す

<9回表・投手:クルーン・2?3>

ついに、クルーンが登場。中日は最後の攻撃。
しかし、先頭ウッズがなんとこの日2本目の本塁打を放つ。
土壇場で同点に追いつく。
ウッズはこの試合全打点を上げ、気を吐いた。

<9回裏・投手:高橋→デニー・3?3>

3-3の同点で迎えた9回裏。
またも、四球から得点を許してしまう。
代わった高橋が先頭の石井に四球。
送りバントを決められ、金城敬遠で、打者村田。
村田の放った打球は三塁手森野を強襲。併殺か、サヨナラか・・・の場面、森野は顔面で打球を受け止め、打球は無情にもレフトへ転がり、サヨナラ。

中日は連勝が7でストップ。
森野は重症ではないとのこと。

【試合結果】

   1 2 3  4 5 6  7 8 9 安 失
中日 0 0 0  0 0 2  0 0 1 3 5 1
横浜 0 0 0  0 0 1  1 1 1X 4 9 0

勝利投手 [ 横浜 ] クルーン(2勝3敗16S)
敗戦投手 [ 中日 ] 高橋聡(1勝3敗0S)

本塁打
[ 中日 ] ウッズ 24号 6回2ラン、ウッズ 25号 9回ソロ
[ 横浜 ] 村田 24号 6回ソロ、吉村 13号 8回ソロ
バッテリー
[ 中日 ] 中田、平井、高橋聡、デニー ? 谷繁
[ 横浜 ] 門倉、川村、クルーン ? 相川

※参考:Yahoo!スポーツ

【レビュー】

連勝が7で止まった中日。
対横浜戦の連勝も5でストップした。
いつかは止まる連勝は、あっさり止まった。
今まで中日が横浜を倒してきたやりかたで自分が倒された
四球からの失点・・・。
中日は四球数の少なさがリーグトップ。
安定した投手陣の賜物。
今日だってスコアは4-3と与えた点は4点。
12球団1の防御率のチームならではである。
今日の負けは単なる負けとしか言いようがない。
門倉の好調で打線も沈黙。横浜には三浦と当たらなければそうは抑えられることはない。
今日からの巻き返しに期待。

【記録】

ウッズ3安打で打率.299
ウッズ打点王まであと3

【公示】

なし

【今日の予想先発】

中日:山本昌
横浜:三浦

あ、今日三浦かもしれない。
また投手戦か?

マメ知識:荒木は三浦に強い。

 

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/02(水) 09:24:56|
  2. ドラゴンズLast Game
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロ野球ファンなら・・・ね。
よい記事を書くには、よいガムをとよく言わないものです。

野球関連のお菓子で真っ先に浮かぶのはやはりプロ野球チップスでしょうか。
60円(税抜き)で選手カードが1枚ついてくる。
当たりが出たらもう一袋(誤りの報道)。
もらえません。

マニアはチップスなんていらない、カードだけあればいい、と言うのでどっちがメインなのかわからなくなることもありますね。

自分はプロ野球チップスは気まぐれでしか買いません。
中日の選手が出たら、もう一袋買うルールを採用しています
チップスとしては手ごろな量。多すぎず、ちょっと少ない感じ(ダメじゃん

最近、ガムも出てまいりました。
今のところ食べたガムは、ロッテの中日のガムロッテのロッテのガムです。
なに?って方もいると思います

ロッテの中日のガムとは、

060515_0724~0001.jpg


これね。
後ろからランディジョンソンが狙っていますが、気のせいです。
たまたま、彼がいました。

ロッテの中日のガムですよ。
味はミントブルー。いたって、ふつうの味。

このガムの特徴は、1枚のガムに巻かれている包み紙1枚1枚が中日選手のユニフォームの後ろになっている点。

こんな具合に。

20060801171039.jpg


ね。福留
ガムの説明邪魔なんですよ、包み紙に捨てろってやつ。

で、選手は大半の1軍選手が揃いました。
2軍だと、平田吉見が入ってました。
きっちり、ファイルしました、マジで。
いや、プロ野球ファンなら…ね。

さて、ロッテのロッテのガムはこんなんです。

060724_0737~0001.jpg


うん。
パッケージは圧倒的にこっちの方がかっこいいです。
味は、レモン
ロッテの包み紙の工夫は、選手一人一人のメッセージです。
ううん、ロッテらしいな。

サブロー選手のメッセージは「1番」でした。かけっこでもやるのでしょうか。
あとの選手は買って見て☆

もちろんこれらもファイルしますよ。
プロ野球ファンなら…ね。

どれも定価は100円。あ、105円かもしれない。

プロ野球バカはガムまで野球です。



[プロ野球ファンなら・・・ね。]の続きを読む

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/01(火) 17:20:06|
  2. 野球に関係する記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

今週のドラゴンズ
後半戦6連勝、オールスター前合わせて7連勝と最高のスタートを切った中日。
後半戦第2週は、ロードが続く。本格的に夏場に入り、投手陣が、好調を維持できるか。

【今週の日程】

1日(火)VS横浜(平塚)
2日(水)VS横浜(横浜)
3日(木)VS横浜(横浜)

4日(金)VS東京ヤクルト(神宮)
5日(土)VS東京ヤクルト(神宮)
6日(日)VS東京ヤクルト(神宮) 

※いずれも18時試合開始


【予想先発】

1日 中田?
2日 山本昌?
3日 川上?

4日 佐藤充?
5日 マルティネス?
6日 朝倉?

相手先発予想は不明…。

【数字で見るドラゴンズ】

福留の復活、ローテが完璧な6人と、まさにベストメンバーがそろい、死角がなくなった。
なかでも、6連勝中は先発全員に白星が付いた。
前回の、『今週のドラゴンズ』で6連勝は可能と書いたのが現実になった。
6連戦の先発投手の自責点は?

中田?
山本昌?
川上?
佐藤充?
マルティネス?
朝倉?

と圧倒的な数字。
6人で4点しか取られていない。これだけ、先発が安定し、試合を作れば勝てる。
というのを示すかのような6人。
昨年のロッテが6人10勝を成し遂げたが、この6人もいけるのではないか

各投手の二ケタまでの残り勝ち数は?

中田?あと6勝
山本昌?あと5勝
佐藤充?あと2勝
マルティネス?あと5勝
朝倉?あと1勝
川上?すでに11勝

残り試合が59試合。ソレを6で割ると、一人10試合あと登板があると見ていい。
つまり中田は6勝4敗でいけば、二ケタ勝てるということになる。
佐藤充の場合はあと2勝で2勝8敗・・・なんてことは考えにくいので、負けたとしても3敗くらいと、予想し、最大で15勝する計算。

そこまで、うまくいくとは思わないが単純計算でいくとこうなる。
夢は膨らませておこう?

【今週のポイント&見どころ】

昨週と違い、すべての球場が野外。
なので、環境が大きく変わる。比較的中日投手陣はナゴヤドームを得意とする。そんななか、好調を維持し、昨週のように活躍できるかがポイント。
一方、野外になることで、打撃陣は打てそうな気配。
1戦目の平塚あたりはかなり狭いので、そこで加速しそのまま行くのが理想。
最下位の横浜、5割のヤクルトと取りこぼしは避けたい。
ここでまた、勢いをつけて貯金を増やしたい。

テーマ:中日ドラゴンズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/01(火) 12:23:32|
  2. ドラゴンズSchedule
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。