竜刊野球マニア?毎週月曜更新?

中日ドラゴンズを週間で単位で復習。 1週間がわかりやすい! たまにコラム更新します。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本当に信じられない。。。
日本ハムファイターズ日本一おめでとうございます。

1年通して日本ハムを応援してきた日本ハムのファンを本当にうらやましく思います。

日本シリーズはフルイニングで観戦しました。
中日が唯一勝った第1戦に観戦しにいけた自分は本当にラッキーだと思いました。

第5戦目まで戦ったけれども本当に短いシリーズに感じた。

自分は中日の日本一を心から信じていたから、今日こうして負けて日本一を逃した記事を打ってる自分が信じられない。

テレビをつければ、胴上げされているのが落合監督でない報道、涙の新庄、そしてビールかけ。

真剣に1年間応援したのが初めてなので、本当にショックだ。

中日は秋季キャンプから“日本一”を目指して戦ってきた集団。
別にリーグ制覇はあくまで通過点であり、日本一になるまでの序曲にしかならないハズだった。

しかし現実は惨敗の日本シリーズを終え、ファンの期待を裏切りリーグ制覇に終わった2回目の忘れ物をした中日ドラゴンズが世間に晒された。

本当に信じられないほど悲しくなるシリーズだった。

こんなシリーズをされては、レギュラーシーズンの活躍が薄れてしまう。

この間スポスタで誰だったか忘れてしまったけど広島の優勝経験者で日本一を逃した監督が話していたことだが、『リーグ優勝し、日本シリーズで負けるとそれまでのレギュラーシーズンはなんだったのかという気持ちになる』と話していてなるほどと感じた。

04年日本シリーズ第7戦で自分はナゴヤドームで西武の日本一の瞬間を目の前で見た。

しかし、04年の優勝は驚きだったし、まして日本シリーズが第7戦までもつれるとは思わなかった。

しかも福留不在、大砲もいないなかよくやったとしか言えなかった。

しかし今回は違うだろう。

首位打者、本塁打王、打点王を穫った3、4番はいるし、阪神とのマッチレースを勝ち抜いた04年を上回る投手陣がいる。
しかも大半が04年日本シリーズ経験者という日本ハムにない強みをもっていた。

しかし終わってみれば、1勝しかできず全く機能しなかった1、2番。
シーズンとは正反対のバッティングが続いた福留、打点0のウッズらの上位を筆頭に見事に打てなかった。

過去の中日の日本シリーズは打てずに負けることが多かったがここまでレギュラーシーズンと差がでるシリーズもなかっただろう。

しかし1年通して我ら竜党を楽しませてくれたし、感動のシーンも多く与えてくれたドラゴンズには素直に感謝したい。

今回の忘れ物はとてつもなく大きな忘れ物となった。

黄金時代到来と言われるにふさわしい今の中日ドラゴンズだから、2回忘れた忘れ物は来年以降に期待するしかない。

まだ日ハムの日本一が信じられないが、やっぱり現実なんだな。悲しい。

札幌はすごいね。
テレビカメラ動かせるほどの凄まじい応援は、ファン密着を伺わせた。

課題は山ほどある。これからの記事はそんなことを書いていきたい。(パソコン使えないけど。)

とりあえず今の心境でした。

そういえば気づいたことがあります。

今思えば華々しい野球人生を今まで送ってきた新庄が最後の最後で頂点に立たずに終わるのは考えにくかった。新庄のもつすごい力は野球の神様さえも動かしていたのかなぁ。。。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/27(金) 00:38:15|
  2. 訳アリ携帯更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント
日本シリーズ
負けは負けですね。ホント、中日にとっては完敗シリーズだったのではないでしょうか。確かにすべての面で有利だったような気がしますが…。でも、これだから野球は奥が深いし、面白いんです。次は53年ぶりにチャレンジですね。
  1. 2006/10/27(金) 04:03:41 |
  2. URL |
  3. 妃垣俊吾 #-
  4. [ 編集]
今朝からため息が止まりません・・・
脳裏に浮かぶハムの胴上げの瞬間。
・・・はぁ・・・。

シーズン中の勢いは何処へいったのでしょうかね。
とても情けないです。
来シーズンこそはかならずや。
  1. 2006/10/27(金) 18:15:58 |
  2. URL |
  3. 上昇気竜 #-
  4. [ 編集]
中日残念でしたねー。
日本一になってほしかった・・・
次こそは!!ですね
  1. 2006/10/28(土) 18:40:22 |
  2. URL |
  3. 撫子 #-
  4. [ 編集]
>>俊吾殿

「強いチーム」と「勝てるチーム」の差でした。
中日は戦力的には申し分なし、だが勝てなかった。

日ハムは戦力的にはパの上位チームに負けず劣らずの戦力。
しかし「勝てる」材料がそろっていた。

中日52年の壁ですね。

>>上昇気竜殿

1年間応援お疲れ様でした。
来季以降を信じましょう。

今シリーズ何回クッションをテレビに投げつけたか。
脱力感でやってけませんね。

情けない、まさにそのとおりです。

>>撫子殿

はじめまして。訪問感謝します。

残念極まりないです。
泣き叫ぶファンの姿が痛い。

何回目の次こそかわかりませんが、応援し続けましょう!
  1. 2006/10/28(土) 20:32:50 |
  2. URL |
  3. 羽少佐 #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://eyeland.blog63.fc2.com/tb.php/153-b4fcfbb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<復活&改革 | ホーム | 今日の川上>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。